遺産相続に強い弁護士の選び方~相談する前のチェックポイント~

相続 相談

弁護士にもさまざまなタイプの人がいる

一口に弁護士といってもさまざまなタイプの人がいます。例えば、刑事ドラマなんかでよく見かける、犯罪を犯した人を弁護するのも弁護士ですよね。また、企業の利益を守ることを得意とした企業弁護士や離婚問題などを専門に取り扱う離婚弁護士、最近よくCMなどで見かける過払い金の徴収を行うのも弁護士の仕事です。

このように、弁護士だからといって全ての困りごとを解決してくれるわけではなく、弁護士によってそれぞれ得意な分野があり、それによって依頼人の持ち込む問題も変わってくると言えるでしょう。企業弁護士に離婚問題を相談しても、管轄外として取り扱ってくれない可能性が高いと言わざるを得ません。

まずは、「遺産相続を取り扱っている弁護士」を探す

何はともあれ、遺産相続に関する相談を弁護士に行いたいのであれば、「遺産相続を取り扱っている弁護士」を探さなくてはなりません。インターネットで探すのであれば「遺産相続 弁護士 (地域名)」などで検索すると簡単に見つかります。

もちろんこのサイトから探していただいてもかまいません。このサイトに掲載されている情報はすべて、弁護士先生からお話しを伺い、生の声を掲載しているものなので、きっと良い弁護士事務所探しのお役に立つことでしょう。

ネット検索でよさげな弁護士事務所が見つかったらまずはそのホームページを隅から隅までよく読むこと。どんな先生がいてどんな雰囲気の事務所なのか、ホームページから得られる情報は結構多いものです。

まずは相続に強い弁護士へ相談に行ってみましょう

遺産相続を取り扱っている弁護士事務所を見つけたら、まずは「相談」に行ってみることをお勧めします。ネットでの雰囲気と実際に会ったときの雰囲気が違うのはよくあること。まずは会って話してみないことには先へは進めません。相談料が必要となるのか無料なのかは、弁護士事務所によって異なりますが、そう高くはないので気になるところが見つかったら、相談に行ってみることを強くお勧めします。

「相談=依頼」とはならないのでご安心を。逆に、相談の時点で強く「依頼」を勧めてくる事務所はあまりいいとはいえないかもしれませんね。

弁護士相談のときに「どんなことで悩んでいるのか」を丁寧にきちんと包み隠さず話すことも大切です。依頼者の悩みの種類によって、弁護士のアドバイスの方針が変わってきますし、最適な解決方法も変わってくるので、そこは「身内の恥」と思わず、きちんとお話ししましょう。

「相続問題の相談」のときに注意してみるポイント

目を見て話すと人となりがわかるといいますが、それは弁護士も同じこと。相談の最中に注意して見ておきたいポイントをいくつかご紹介しましょう。

  • ちゃんと話しを聞いてくれるか
  • 質問にきちんと答えてくれるか
  • 話しやすい人かどうか
  • 自分に合っているかどうか
  • 遺産相続に関する経験はどうか
  • 他の職種と連携しているか
  • 依頼者の立場に立って考えてくれているか

このように、「相談」を行っている最中に見ておきたいポイントはいくつかあります。「弁護士先生」となると萎縮してしまう人も多いですが、「自分が弁護士を選ぶ立場にある」こともお忘れなく。

相続に詳しくても話しを聞いてくれない弁護士は「論外」

ちゃんと話しを聞いてくれるか

遺産相続はお金の問題でもありますが、人間関係の問題、心の問題でもあります。いくら遺産相続に関する事案の経験が豊富だからといって、今まで経験してきた事案に相談内容を当てはめて「このパターンはこうだ」と決めつけ、きちんと依頼人の話しを聞かない、話しを遮るような弁護士はNGです。

それでなくても、近しい人が亡くなり、そのうえ遺産問題が発生している不安の中、きちんと話しをきいてくれないようなところではこの先、満足のいく解決は見込めません。いくら問題が解決したからといって、心にわだかまりが残ってしまうような解決方法をとる可能性もあります。やはり、ここはゆっくりと依頼人の話しを聞いてくれる弁護士がいいに決まっています。

依頼人の相続についての胃質問を流す弁護士もいる

質問にきちんと答えてくれる弁護士かどうか

遺産相続問題という不安を抱えて、わからないことがたくさんある依頼人。その依頼人の質問にきちんと答えない弁護士も世の中にはいるそうです。依頼人の質問をスルーする弁護士の心理状態はよくわかりませんが、質問に答えてもられないと疑問点が増えるばかりで何の解決にもなりませんよね。

ここはやはり、疑問点には根気強く納得できるまで説明してくれる親身な弁護士先生を選びたいところです。特に法律の問題や手続き関連の問題になってくると、一度の説明では理解することができないことも多いでしょう。そこで嫌な顔を見せるのではなく、きちんと理解できるまでちゃんと説明してくれる弁護士先生にお願いしたいとは思いませんか?

相続以外でも弁護士に自分の気持ちをきちんと伝えることは重要

話しやすい弁護士かどうか

ベテラン弁護士になると威厳が加わりどうしても萎縮してしまう場合があります。しかし、そんなベテラン弁護士先生でも話しやすい人は話しやすいし、話しにくい人は話しにくい…。

遺産相続問題の解決は依頼人と弁護士の対話から始まります。なんでも話せる先生でないと解決どころの話しではありません。「この人ならなんでも話せる」そう思える弁護士を見つけましょう。

依頼人も人、弁護士も人「合う合わないは必ずあります」

︎自分に合っているかどうか

相談の最中「この人とは合いそうにないなぁ」と思ったら、依頼することは考えないのが最善です。立場は違えど、人と人ですから必ず合う合わないはあります。遺産相続の解決は長引くのが鉄則。合わない人と長い時間一緒に同じ方向に向かって歩みを進めるわけですから途中で亀裂が生じるなんてことになったら一大事です。

依頼をお願いする弁護士は「自分に合う」と感じる人にしましょう。

相続案件の経の豊富さで解決方法が変わることも

遺産相続に関する経験はどうか

「遺産相続に関する相談を受け付けます」という看板を掲げていても、実際の経験はそんなに多くなかったりすることもあります。経験の豊富さを見抜くというのは難しいというか無理ですので、相談のときに「先生は遺産相続問題に関する経験は豊富なのですか?」と率直に聞いてみましょう。本当に実績が豊富な弁護士は必ず「もちろん」と答え、実績数まで教えてくれるかもしれません。

なぜ、「経験実績が必要なのか」というと、遺産相続の問題は依頼人によって解決方法が異なり、悩みも異なるからです。経験がなければ対応できない事例が出てくることもあるかもしれません。解決方法も過去の事例からのひらめきによって導き出されることもあるでしょう。

経験がなければ通り一辺倒の解決法しか思いつかず、下手を打てば依頼人の「損失に気づかない」というケースも考えられます。「経験に勝るものはない」まさに、その通りなのです。

遺産相続において他業種との連携は必須

他の職種と連携している弁護士か

弁護士は依頼人の窓口となり、代理人となり、さまざまな手続きや対策を立てる一番の味方ですが、弁護士だけではできない業務もあります。例えば、相続遺産の中に不動産があった場合、不動産鑑定士がその不動産の価値(固定資産税評価額・路線価・公示価格・取引価格など)を割り出します。その後、弁護士が遺産分割協議を担当し、協議が終われば司法書士が相続登記を行います。

また、相続税などの問題が発生すれば税理士に相談する必要もでてくるでしょう。

このように、遺産相続は弁護士だけではできない業務もあるのです。たまに、司法書士の資格や税理士の資格など、さまざま資格を持ったスーパー弁護士もいらっしゃいますが、そんな方は一握り。どんな案件にも対応できるように、他の職種の人々ときちんと連携のとれている弁護士事務所を選ぶ必要があるといえます。

相続は特に気持ちのわかる弁護士に託したいのが本音では?

依頼者の立場に立って考えてくれている弁護士か

弁護士は依頼者の利益を守る最大の味方となる存在でなくてはなりません。依頼者の意見を頭ごなしに否定したり、上から見るような態度をとるような弁護士は避けるべきだといえるでしょう。

例えば、いくら親族間でもめごとが発生していてもこれ以上もめたくないという依頼人の気持ちを無視した解決法を提示してくるような弁護士はNGです。依頼人が円満解決を望むなら、円満解決に向けてどう動けばいいのかをアドバイスしてくれる弁護士がベスト。遺産のことだけじゃなく、お金のことだけじゃなく、依頼人の人間関係まで気にかけてくれる弁護士を選びたいところですよね。

依頼人のために表に出てこない弁護士もいる

「遺産相続の全てを取り仕切る」といったイメージのある弁護士ですが、それはケースバイケース。依頼人の立場を考えて表に出てこない弁護士もいます。

それは、弁護士が入ると親族間の紛争が激化すると判断した場合。例えば、2人の親族が遺産でもめていて、片方にいきなり弁護士がつくともめ事が悪化する恐れがあります。そういう場合は波風を立てないような文章を用意し、依頼人の名義で内容証明郵便ではなく、普通郵便で相手方に手紙を送ります。そうすると、両者に余計な波風を立てることなく、解決できる可能性が見えてきます。

能力に差はなくても力の入れ方には差が生まれる

弁護士も人の子。やる気がある人もいればない人もいて当然です。それは仕事ぶりにも反映されるもの。弁護士としての能力に差はなくても力の入れ方には差が生まれてしまうものです。これを見極めるのは至難の業ですが、どんどん質問して「自分の抱えている問題にどれだけ注力してくれているか」を見て判断するしかないでしょう。

相続人が認知症を患っていても大丈夫

相続人が認知症を患っている場合、判断能力の有無によって依頼を断られてしまう場合があります。しかし、弁護士事務所の中には「成年後見人」をつけて協議を行い、遺産分割は特別代理人をつけることで遺産問題を解決する弁護士事務所もあるようです。

認知症だから…と諦めず、そういった病を患っている人でも柔軟に対応してくれる弁護士事務所もあるので、根気よく探すことをおすすめします。

自分に最適な相続弁護士選び

どんな弁護士を選んだらいいのかはあらかたわかったのではないでしょうか?依頼人と弁護士でも結局は人と人。人として素晴らしいと思える弁護士さんが依頼人にとってよい弁護士といえるのではないかと思います。特に「話しをきちんと聞いてくれる弁護士」というのは重要なポイント。「忙しいから」となかなか会って話しを聞いてくれない人はあまりよいとはいえません。

遺産相続の問題は故人の意志とお金と人間関係が絡んだややこしい問題。そこに法律まで絡んでくるのですから一般の人にはもうお手上げですよね。このややこしい問題を根気強く一緒に解決してくれる弁護士に出会えたら、それだけでもう解決したも同然です。

都道府県から相続弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
遺産相続問題は弁護士に相談すべき

相続問題でこんな悩みを抱えていませんか

  • 相手がすでに弁護士に依頼している
  • 遺産分割の相続の話し合いがまとまらない。顔を合わせたくない。
  • 遺産を使い込まれているが、どうすればいいの?
  • 遺言書に自分の名前が書かれておらず、自分の相続がなくなった。
  • 相続について、どうしていいのか分からない。

1つでも当てはまるなら、すぐに相談しよう

遺産相続に強い弁護士を探す
【相続弁護士に依頼する前にチェック!】
相続について知る
遺産相続を弁護士に依頼する前にチェック
相続分野の弁護士費用相場
遺産相続を弁護士に依頼するメリット
弁護士に相談するタイミング
相続に強い弁護士の選び方
相続を弁護士に相談・依頼する流れ

ご相談状況

  • 電話窓口:通話無料
  • 弁護士:164事務所
  • 相談件数:4,000件 突破

【注目】遺産相続に強い弁護士

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化
弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化

遺産相続弁護士相談広場は、遺産分割や遺言書作成でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。遺産相続関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP