千葉県遺産相続の経験豊富な弁護士が 高い交渉力で迅速に問題を解決!

福田法律事務所

  • 通話無料
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
福田法律事務所福田法律事務所サムネイル0福田法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

事務所概要

所在地
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央1-10-5 パークサイド千葉2階B室最寄駅
対応エリア
千葉県

お電話受付窓口

0066-9687-7934

受付時間:平日・土日 9:00〜20:00

料金体系

初回相談料は無料です。
ご相談の際に、詳細な費用についてお伝えいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

「福田法律事務所」お電話受付窓口

現在21:16。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

お電話での受付窓口0066-9687-7934
受付時間 平日・土日 9:00〜20:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

スピーディーな事件処理を心がけたい

至急の対応が必要な際には臨機応変に即応

650x360 pic

「福田法律事務所」はJR千葉駅を最寄り駅とする弁護士事務所です。代表弁護士の福田尚友は前職で千葉県有数の大手法律事務所に在籍。豊富な経験を重ねたあと、当事務所を開所しました。これまで家事事件を主に担当してきたこともあり、遺産相続の案件は得意な分野として実績を重ねています。

事務所へのご連絡は、携帯への転送によって24時間受付。平日夜間や土日祝日も予約次第で柔軟にご対応しています。事務所と自宅は徒歩30秒の距離にありますので、至急の対応が必要な際には臨機応変に即応し、スピーディーな事件処理を心がけています。相続のご相談についても初回30分無料でお受けしていますので、いつでも気軽にご連絡ください。

他の相続人の思いを訊くことも必要

異母きょうだい10数人に相続譲渡に応じてもらった事例も

遺産相続の問題は、背景に親族間の微妙な感情のあつれきがある場合が多くありますから、争いの中身についてじっくりと話を聴くことが欠かせません。相談者・依頼者の方の話に親身に耳を傾けることはもちろん、争いの相手である他の相続人とも必要に応じて連絡をとり、思いについて聴き取るなどの対処を心がけます。それが結果的に、相談者のメリットにつながることが少なくないからです。

当職が過去に手掛けた案件では、相続人となる異母きょうだい10数人に相続分の譲渡に応じてもらった事例もあります。相続人全員に連絡を取り、相手方に直接面会に足を運び、誠意を尽くして状況を説明することで、「依頼者が相続すべき遺産」であることをそれぞれ理解してもらえました。ほとんど交渉において解決することができ、依頼者からも満足いただけた事例となりました。

とかく紛争化しがちな遺産分割協議においても、これまで培った豊富な経験とノウハウをもとに、できるだけ円滑な交渉を進められるよう力を注いでいきます。

相続財産に不動産が絡むと複雑化しやすい

連携する司法書士・行政書士も含めて親身に対応

相続財産には現金・預金のほか、不動産が含まれる場合ももちろん多くあります。当事務所に相談に来られる遺産分割の例でも、不動産が絡んで複雑化しているケースが少なくありません。

複数の土地があれば、遺産としてそのまま分ける「現物分割」が可能ですが、土地が1カ所しかない場合には分割は難しく、無理やり分けると後でトラブルのもとになります。もっともシンプルなのは、土地・建物を売却して金銭に換え、相応に分割する「換価分割」。当事務所では地域の不動産業者と提携して売却のお手伝いをすることも可能です。

一方で、残された住居に相続人の1人がそのまま住み続けたい場合や、それまで暮らしていた住まいに愛着があり、相続人の誰かが「売りたくない」と考えるケースもあります。そうしたときには、不動産を誰かが相続する代わりに、他の相続人に代償金を支払う「代償分割」を考えます。

こうした不動産の相続や登記などの手続については、連携する司法書士・行政書士も含めて親身に対応しますのでご相談ください。

特別受益や寄与分の主張があったときは…

フットワークの軽さを生かして依頼者に寄り添う

遺産分割において直面しがちな問題に、「特別受益」や「寄与分」の主張による紛争化があります。「特別受益」とは、特定の相続人が、被相続人の生前に遺贈や多額の生前贈与などを受けること。その場合には、被相続人の財産にその贈与額を加えたものを相続財産として計算し、該当する相続人は相続分(または遺言で定められた相続分)から贈与の額を控除されることになります。

また「寄与分」は、相続人の中に、被相続人の財産の増加や維持に特別の働き(特別の寄与)をした人がある場合に、寄与者に相応の遺産の上積みをはかるものです。よくある例としては、被相続人に対して多大な介護・看護を行っていた場合や、長く家業の手伝いを続けていたような時に認められるケースがあります。

当職でも過去の相談事例で、依頼者のそうした主張を立証するために、フットワークの軽さを生かして、行政機関や金融機関などに1日同行して必要な書類を集めるなどのサポートを行った経験も有しています。高齢の依頼者の方の場合などは、このような手助けを含めて親身に寄り添っていくことを大切にしています。

メリットの大きい公正証書遺言

遺産相続を紛争化させない遺言書の作成をサポート

遺産分割におけるトラブルを防ぐには、被相続人が生前に遺言書を作成しておくことが必要でしょう。当事務所では、遺産相続において紛争化しない遺言書の作成について細かく相談に乗ります。

遺言書は通常、公正証書遺言で作成されることをおすすめします。遺言書を作るときに気をつけなければならないのは、作成当時に「遺言者に意思決定能力があったかどうか」を後になって疑われないこと。公正証書遺言にしておくことで、そのリスクヘッジはある程度はかることができます。

また公正証書遺言の場合、原本は公証役場に保管されますから、遺言書を改ざんされたり、紛失・盗難などの恐れがありません。さらに、自筆証書遺言だと家庭裁判所での検認手続が必要ですが、公正証書遺言であれば検認手続が不要のため、相続開始後にすみやかに相続手続きを行うことができるメリットもあります。遺産相続におけるトラブルが心配な方は、ぜひ早めに遺言書の作成についてご相談ください。

福田法律事務所からのアドバイス

思いを理解してくれる第三者を入れて解決をはかることが得策

遺産相続が紛争化したときには、当事者だけで出口を見つけるのは難しいケースが多いものです。その場合には、思いを理解してくれる第三者を入れて解決をはかることが得策で、相続問題を得意とする弁護士に相談されることをおすすめします。

きょうだいなど親族間の関係は、一生にわたって大切にしていくべきものでしょう。それを、相続による争いで悪化させてしまうのは誰しも避けたいことに違いありません。生前の遺言書の作成も含め、遺産相続について思いがよぎった方は、ぜひ早めに当事務所にご相談ください。

所属弁護士

福田 尚友(ふくだ たかとも)

100x100
登録番号 No.39189
所属弁護士会 千葉県弁護士会

アクセス

JR千葉駅

千葉県千葉市中央区中央1-10-5 パークサイド千葉2階B室

事務所概要

事務所名 福田法律事務所
代表者 福田 尚友
住所 〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央1-10-5 パークサイド千葉2階B室
電話番号 0066-9687-7934
営業時間 平日・土日 9:00〜20:00
定休日 祝日
備考
福田法律事務所
福田法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7934
受付時間
平日・土日 9:00〜20:00

現在21:16。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央1-10-5 パークサイド千葉2階B室
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP