千葉県遺言書作成から遺産分割協議・調停まで 誠心誠意ご対応します

岩井総合法律事務所

  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
岩井総合法律事務所岩井総合法律事務所サムネイル0岩井総合法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

事務所概要

所在地
〒270-1424 千葉県白井市堀込1-1-14ミウラビル201最寄駅
対応エリア
千葉県

お電話受付窓口

050-5267-6738

受付時間:平日 10:00~19:00

料金体系

初回のご相談は無料です。弁護士費用は事案によって異なりますが、ご依頼いただく前に、明確に費用と支払方法等をお伝えします。
着手金の分割払いも可能ですので、お気軽にご相談下さい。
また、事案によっては完全成功報酬制でお受けさせていただく場合もあります。

「岩井総合法律事務所」お電話受付窓口

現在13:38です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口050-5267-6738
受付時間 平日 10:00~19:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

千葉県白井市で唯一の法律事務所

じっくりとお話を聴き、問題を解決します

千葉県白井市にある「岩井総合法律事務所」の弁護士・岩井聡明です。当事務所は白井市唯一の弁護士事務所として、つねに身近で頼れる存在でありたいとの思いで様々なご相談に応じています。

相続問題は、親族間の人間関係や背景事情が複雑に絡んでいることが多々ありますから、まずはじっくりと話をお聴きすることが欠かせません。ご相談時には弁護士が誠心誠意、ご納得いくまでお話を聞き、具体的な解決案をご提案させていただきます。

当事務所は北総線白井駅から徒歩2分という分かりやすい場所にあり、東京・埼玉・茨城等で弁護士をお探しの皆様にも、「いつでも、気軽に、困ったときに」お越しいただけます。 初回相談料は無料(30分~1時間程度)とさせていただいていますので、相続に関する問題に直面してお悩みの方は気軽に相談にお越しください。

財産の正確な把握に努めることが大切

「相続放棄」は3か月以内に行うことが原則

遺産相続が発生すると、まずは財産の把握を正確に進めていくことが重要です。それと、たとえば「使い込み」といった財産の散逸を防ぐことにも留意しなければなりません。また相続財産には借金などの負債も含まれますから、財産内容を調べた上で、マイナスのほうが多ければ速やかに「相続放棄」を検討しなければならないケースもあり得ます。

とくに相続放棄は3か月以内に行うことが原則ですから、相続発生後はただちに財産調査に取り掛かるべき。複雑な財産構成の場合でも当事務所がお役に立てますので、どうぞ早めにご相談ください。

細かな相続人調査も重要な事柄のひとつ

加えて遺産分割協議はすべての相続人を対象に行わなければなりませんから、対象となる相続人にもれがないよう、綿密な相続人調査も必要になります。遺産分割協議でせっかく合意できても、後になってそれまで知らなかった相続人が出てきて、せっかくの合意内容が意味を為さないものになってしまうケースもあり得るのです。

家族関係や財産状況が複雑な方の場合にはなおさら、こうした調査を丁寧に行う必要がありますからご相談いただくことをおすすめします。

相続問題で争いになりがちな例は…?

親と同居していた相続人による「財産の使い込み」

遺産分割協議で争いが起こりがちな例としては、親と同居していた相続人と、離れて暮らしていた相続人との間で生じるトラブルのケースが多々あります。同居していたきょうだいが、勝手に財産を使い込んでいるような場合や、逆に親の面倒をずっと見ていたので「財産を多く欲しい」と主張するようなケースです。

前者の「使い込み」が疑われるような場合には、お金の動きを細かく追っていく必要があり、金融機関の通帳の取引履歴を調べるなど、金銭の流れを精査して当事者に確認していきます。弁護士であれば、こうした調査も弁護士会照会などを使って詳細に進めていくことができます。

「親の面倒をみていたから多く欲しい」という主張も

また「親の面倒を見ていたのだから多く欲しい」という、いわゆる「寄与分」に関する主張が出てくることも少なくありません。相続人間でそうした認識が共有できれば、寄与分に当てはまるた相続人に、他よりも多い遺産を分割することで合意できる場合もあります。

ただ審判など、裁判所に判断を委ねてしまうと、寄与分の主張が認められるハードルはかなり高いものがあり、どの程度の介護を行っていたかを客観資料で細かく立証する必要があります。いずれにしても、ご自身だけでは有利な成果を導くのは難しく、弁護士の専門サポートが欠かせませんからご相談ください。

財産に不動産が含まれるケースは慎重に

依頼者にとって納得のいく分割方法をご提案

遺産相続の問題では、相続財産に不動産が含まれているケースも多くあります。不動産を売却して金銭に換えた上で分ける「換価分割」や、相続人の誰かが住居にそのまま住み続ける場合には、他の相続人に代償金を支払った上で不動産を受け継ぐ「代償分割」などで合意をはかります。

不動産が財産に含まれる場合には、いっそう個別の状況が生じがちです。当事務所では依頼者にとって納得のいく分割方法をご提案。たとえば換価分割を希望される場合には、知り合いの不動産会社につなぎ、依頼者の方にできるだけ有利な売却になるようサポートします。

そのほか、遺産相続には相続税の問題や、不動産登記の問題も絡んでくることが多々あります。当事務所において、相続税に長けた税理士や司法書士などもご紹介できますのでご相談いただければ幸いです。

相続後の争いを防ぐには「遺言書」の作成を

安心・安全な遺言書は「公正証書遺言」がおすすめ

遺産分割での争いを防ぐには、被相続人の生前に「遺言書」を作成しておくことをおすすめします。遺言書には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」がありますが、安心・安全な遺言書を残しておくには、公正証書遺言を作成しておくことが望まれます。

公正証書遺言は様式の誤りや、紛失や偽造の心配がなく、あとになって無効を主張されるリスクも自筆に比べて大きく軽減できます。当事務所では、公正証書遺言の作成サポートはもちろん、争いの起こらない遺言内容にするための遺産分割の中身についてもアドバイスを行っています。

「遺留分」への配慮も念頭に置いてアドバイス

遺言作成においては、よく「遺留分」の問題が起こり得ます。遺留分とは、一定の相続人がもつ、遺言内容に関わらず相続できる権利のこと。つまり、特定の相続人に「全ての財産を譲る」といった遺言内容にしてしまうと、遺留分の権利をもつ相続人からの反発が起こり、相続後の争いに発展しかねないのです。

こうしたケースを踏まえつつ、もちろん遺言者の意志を最大限に尊重しながら、可能なかぎり紛争やトラブルの起きない遺言書の作成を手助けいたします。

岩井総合法律事務所からのアドバイス

遺産分割調停においても細かなサポートをご提供

遺産分割の争いに直面されている方に対して、最大限依頼者の方の利益につながるよう、当事務所で親身に弁護活動を行います。遺産分割協議から遺産分割調停での細かなサポートはもちろん、紛争予防のための遺言書作成まで幅広くサポートいたしますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

所属弁護士

岩井 聡明(いわい としあき)

登録番号 No.51712
所属弁護士会 千葉県弁護士会

アクセス

白井駅から徒歩2分

千葉県白井市堀込1-1-14ミウラビル201

事務所概要

事務所名 岩井総合法律事務所
代表者 岩井 聡明
住所 〒270-1424 千葉県白井市堀込1-1-14ミウラビル201
電話番号 050-5267-6738
営業時間 平日 10:00~19:00
定休日
備考
岩井総合法律事務所
岩井総合法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-6738
受付時間
平日 10:00~19:00

現在13:38です。お気軽にお電話ください。

住所
〒270-1424 千葉県白井市堀込1-1-14ミウラビル201
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2019 Agoora.inc.

TOP