紛争相続の解決実績多数あり! 相続トラブルは経験ある弁護士へ相談

弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所

  • 弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所
  • 弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所サムネイル0
  • 弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所サムネイル1
  • 弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所サムネイル2
  • 弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所サムネイル3
  • 弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所サムネイル4
事務所名 弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所
電話番号 050-5385-9098
受付時間 平日・土曜 9:00〜20:00
定休日 日曜祝日
住所 〒277-0023 千葉県柏市中央1-1-1 ちばぎん柏ビル4階
アクセス方法 柏駅東口から徒歩5分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付可能
  • 土日電話受付可能
取り扱い可能な事案
  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税
メール受付はこちら

弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所の強みと特徴

紛争相続案件に多くの経験をもつ弁護士が在籍

遺産分割紛争や遺留分請求の解決に確かなノウハウ

弁護士法人リーガルプラス柏法律事務所は、柏駅東口から徒歩5分の距離にあり、JR・東武の柏駅からアクセスしやすい法律事務所です。当事務所の代表弁護士・小湊敬祐はこれまで相続問題を数多く手掛けており、とくに紛争性のある相続案件に確かな実績を有しています。弁護士2名の体制で、お客様のご依頼に親身にご対応しています。

また、不動産や事業用資産が関係し、法務・会計を横断するような相続の案件も得意にしています。遺産の評価や分割方法について相続人間で協議がまとまらない場合や、遺産の範囲外の問題(使途不明金、自社株式、賃料の帰属など)、さらには遺産分割の関連問題(収益物件の家賃処理・遺言無効など)でお困りの方など、ぜひ一度ご相談ください。

依頼者のご要望に応える解決策を模索

相続はオーダーメイド性の高い法律分野

当事務所ではご相談時、まずはご本人がどういったご希望を持っているかを中心に話をうかがっています。法律上の専門知識ももちろん重要ですが、そうした決まり事よりも、ご要望にどうすればお応えできるかを考え、そのための方法や見通しを丁寧にご説明するようにしています。

というのも相続トラブルは、問題の争点や事情が依頼者ごとにまったく違うものだからです。定型的なパターンや対処法はなく、依頼者個々の事情やお気持ちに応じたオーダーメイドの解決方法が求められる法律分野といえます。そのため弁護士にも確かな経験や知識が要求され、なおかつ依頼者の想いに寄り添えるパーソナリティも必要です。

当法人では、これまで解決に至った数多くの案件で得られた経験や知識を所内の弁護士で共有し、事例研修を通じて手続きのノウハウを吸収しています。弁護士全員が相続トラブル解決に向けた知識や経験を共有することで、多くのご依頼者の問題解決に役立てられるのも、リーガルプラスならではの強みだと思います。

当事務所では、初回相談料は無料でお受けしていますので、相続に関するトラブルや不安が生じた際には、いつでも遠慮なくご相談ください。

紛争の度合いが浅い段階からの相談がおすすめ

依頼するかどうか分からない段階でもまずは一度相談を

相続紛争を弁護士に相談いただくタイミングは、争いやトラブルの中身や内容によってもちろんさまざまです。遺産分割協議の段階から間に入り、迅速に相続人間の合意をはかっていく場合ももちろんあります。

どの段階で相談・ご依頼をいただいてもお受けできますが、やはり紛争の度合いがまだ浅い段階からお任せいただいた方が、解決への時間もより短くて済むということは言えるでしょう。依頼されるかどうか分からない段階でも結構ですので、早めにご相談いただければ幸いです。

協議でまとまらない場合は「遺産分割調停」へ

調停では弁護士のサポートを受けることが望ましい

一方で、協議ではもはや合意が難しく、裁判所に「遺産分割調停」を申し立てて解決を目指していくケースも多くあります。調停は調停委員が間に入って合意を促していく話し合いの場ですが、ここではぜひ弁護のサポートを受けることを強くおすすめします。

調停の場で調停委員と話をしていく過程では、慣れない場でもあり、ご自身が主張したい内容が調停委員にうまく伝わらないことがあります。調停に出席すること自体にストレスを感じたり、仕事が忙しく時間を取れない方も少なくないでしょう。

こうしたとき、弁護士が代理人になることで十分な主張が可能になり、ご自身も調停の場に出席する必要がなくなります。心理的・物理的な両面でメリットが大きいといえるのです。

相続案件の経験豊富な弁護士に依頼することが重要

加えて、遺産分割調停でサポートする弁護士は、相続案件に確かな経験をもつ弁護士であることが重要です。調停では依頼者のご要望に沿った解決内容を目指していくわけですが、もちろん相手のあることですので、調停が不調に終わるケースもゼロではありません。

そのときには、遺産分割審判に加え、調停外の方法での解決策も見出していくことになりますが、相続案件の経験が豊富な弁護士は、納得のいく解決へ導くための引き出しを数多く有しており、多岐にわたる解決策をご提示できます。

反面、相続問題をあまり手掛けていない弁護士ですと、調停での解決に固執してしまい、結果的に依頼者にとって不十分な内容で妥協してしまうことがあり得るのです。そうした意味でも、相続分野に確かな経験・実績を有する、当事務所の弁護士にお任せいただければ幸いです。

遺産相続に関するあらゆる問題を解決

「遺留分」「不動産」の問題にも積極的にご対応

そのほか、「特定の相続人にすべての遺産を渡すことが遺言に記されている」といった、相続人にとって納得のできない遺産の分け方でトラブルになる「遺留分」の問題にも積極的にご対応しています。また、不動産の分割が生じるようなときは、不動産業者や司法書士との連携も十分にあり、相続税の関係では税理士を含めたご対応も可能です。

紛争を防ぐ「遺言書」の作成サポートもご提供

遺産分割時の紛争を予防する手段としては、前もって遺言書を作成しておくことが有効です。当事務所では遺言書の作成サポートもご提供しており、ご本人の要望を前提にしながら、適切な遺言書を作るためのお手伝いをいたします。もしも相続のことが心配な段階になられたら、まずは一度気軽な気持ちでご相談ください。

弁護士法人リーガルプラス柏法律事務所からのアドバイス

相続問題は弁護士が入ることで解決への道筋が見えてきます

相続問題は家族や親族間で争いが生じるケースが中心ですが、一度もめると感情的なしこりから、当事者同士で解決することが難しくなることが多々あります。とくに、相手側とコミュニケーションが取れていない、もはや取ることが難しい…といった状況では、当事者間で解決していくのは困難と考えた方が良いでしょう。

当事者間では話し合いが進まなくなった相続問題は、専門家である弁護士が間に入ることで解決への道筋が見えてきます。情報の整理や、今後を見据えた交通整理を行うことで、納得いく結果が得られていく可能性が高まるのです。もちろん、相続に関する難しい専門的な手続きの代行も弁護士に任せていただくと安心です。

「遺産分割の話し合いが進まない」「遺産分割に納得できない」など、遺産分割協議の段階で相続人同士の意見があわず、もめているようなときは、紛争が複雑化しないうちに早めにご相談ください。当事務所の弁護士が気持ちの面からしっかりと寄り添い、ご希望に沿った解決に向けて最後までサポートいたします。

所属弁護士

小湊 敬祐(こみなと けいすけ)

小湊 敬祐(こみなと けいすけ)

登録番号 No.55106
所属弁護士会 千葉県弁護士会

弁護士費用

法律相談

初回相談無料

遺産分割における弁護士費用

他の相続人との相続財産をめぐる争いに、当事務所の弁護士が味方となって、交渉・裁判手続き・事務手続きを代行・サポートいたします。

【遺産分割に関する費用】

着手金 一律33万円※1※2
報酬 交渉で遺産分割が成立した場合 取得遺産※3の8.8%(最低報酬44万円)
調停・審判で遺産分割が成立した場合 取得遺産※3の9.9%(最低報酬77万円)

※1、交渉から調停、調停から審判に移行した際に追加着手金は発生しません。
※2、遺産分割協議における調停・審判の4回以降の期日は、1回3万3000円の裁判所日当がかかります。弁護士の所属事務所から遠方の裁判所での調停・審判に出席する際は、別途出張・移動日当がかかります。(電話やwebによる手続きへの参加も含みます。)
※3、預貯金については獲得金額で算定します。不動産や株式など評価に幅のある財産については、交渉・調停・審判において採用された評価額を用います。

【保全手続きや競売申立てに関する費用】

保全手続き 別途お見積り
換価分割による競売申立て 22万円

【相続人確認訴訟(原告/被告)】

着手金 33万円※4
訴訟日当 1期日につき3万3000円
報酬 希望する相続人確認の結果が確定した場合 33万円
遺産を取得する和解が成立した場合 取得遺産※5の8.8%(最低報酬77万円)

【遺産確認訴訟(原告/被告)】

着手金 33万円※4
訴訟日当 1期日につき3万3000円
報酬 原告側:有利な遺産確認結果が確定した場合 55万円(遺産分割の代理活動継続時は減額)
被告側:有利な遺産確認結果が確定した場合 遺産に組み込まれなかった財産額※5の5.5%
遺産を取得する和解が成立した場合 取得遺産※5の8.8%(最低報酬77万円)

※4、固有必要的共同訴訟により主体的に訴訟関与をしていない場合は着手金を調整いたします。
※5、不動産や株式など評価に幅のある財産については、時価を用います。

【遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)における弁護士費用】

【遺留分を請求する側】

着手金(活動範囲:交渉・調停・訴訟) 無料※1※2
成功報酬 経済的利益の8.8%(最低報酬額132万円)※3

使途不明金の不当利得返還や収益物件の賃料請求は別費用となります。また、調停成立、和解や判決後に、相手方から任意の支払いがない場合、強制執行の追加のご依頼を調整いたします。

※1、複雑な事案(遺産情報が全く不明、相手に財産がない、金銭以外の財産の取得を希望されるなど)では、調査費用や着手金が発生します。
※2、遺留分侵害額請求における調停・訴訟の4回以降の期日は、1回3万3000円の裁判所日当がかかります。弁護士の所属事務所から遠方の裁判所での調停・訴訟に出席する際は、別途出張・移動日当がかかります。(電話やwebによる手続きへの参加も含みます。)
※3、経済的利益は、獲得金額又は権利確定額のいずれか高い方となります。

遺留分調査※4

調査費用 11万円

※4、遺留分に配慮した遺言のため遺留分の被侵害状況が明らかでない時などに調査を先行します。

保全手続きに関する費用

保全手続き 別途お見積り
遺留分確定後の執行 別途お見積り

アクセス

千葉県柏市中央1-1-1 ちばぎん柏ビル4階

〒277-0023 千葉県柏市中央1-1-1 ちばぎん柏ビル4階

事務所概要

事務所名 弁護士法人リーガルプラス 柏法律事務所
代表者 小湊 敬祐
住所 〒277-0023 千葉県柏市中央1-1-1 ちばぎん柏ビル4階
電話番号 050-5385-9098
受付時間 平日・土曜 9:00〜20:00
定休日 日曜祝日
備考
メール受付はこちら

その他の千葉県の遺産相続に強い弁護士