兵庫県家族が争わない相続のために… 親子の思いに親身に寄り添います

上垣法律事務所

  • 通話無料
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
上垣法律事務所上垣法律事務所サムネイル0上垣法律事務所サムネイル1上垣法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

事務所概要

所在地
〒 670-0964 兵庫県姫路市豊沢町137番姫路センタービル2F最寄駅
対応エリア
兵庫県

お電話受付窓口

0066-9687-7509

受付時間:平日 9:00〜18:00

料金体系

事案に応じた料金体系を設定しております。面談の際にお問合せ下さい。

「上垣法律事務所」お電話受付窓口

現在10:24です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口0066-9687-7509
受付時間 平日 9:00〜18:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

トラブルに直面する方の味方になりたい

個室でリラックスして相談できる事務所

上垣4

「上垣法律事務所」(代表弁護士・上垣孝俊)はJR姫路駅から徒歩3分の場所にあり、事務所の駐車場もありますのでお車での来所も可能です。ご相談の受付時間は平日10時~18時ですが、事前のご予約をいただければ夜間および土日祝日のご対応もOK。当サイトからの申込みは初回相談無料でお受けしていますので、どうぞお気軽にお越しください。また手話でのご相談を承ることもできます。

「困っている人を助けたい」という思いで、私は弁護士を志しました。トラブルに直面している方の小さな声を拾い、味方になることが弁護士の責務と考えて日々活動しています。「敷居が高い」と思われがちな弁護士をより身近な存在に感じていただけるよう、完全個室の環境でリラックスしていただきながら親身に話をお聞きしていきます。

亡くなられた方の思いにも気を配る

相続で子どもたちが争うのは望んでいないはず

遺産分割の相談に向き合う際に大切なのは、単に依頼者(相続人)の気持ちに寄り添うことだけではありません。亡くなられた方(被相続人)の思いにも気を配りながら解決をはかることが大事。亡くなった親御さんは「きっと相続で子どもたちがもめることは望んでいないだろう」という考えに立ちながら遺産分割の問題に向き合うようにしています。

過去には「寄与分」の主張が認められた実績も

その中で、遺産分割時に争いとなりやすい例として、「寄与分」の問題があります。寄与分とは、被相続人の財産の継続または増加について「特別な寄与」をした人がいる場合に、それに相当する額(あるいは遺産に対する割合)を法定相続分に上乗せすることを民法で認めたものです。

特に相続人が被相続人の療養看護を行なうことで、付添い看護の費用の支出を免れさせるなどで相続財産の維持に寄与する「療養看護型」がよく主張されます。この場合、子どもが親に行う一般的な看護・介護の行為以上のものであることが重要で、持続性かつ専従性があることが必要となります。

家族関係を壊さない解決を目指す

問題がこじれてしまう前に早めの相談を

言うまでもなく、遺産相続は家族の中での問題です。できるだけトラブルが深刻化しないよう、短い期間で解決がはかれるように対応していくのが大事なこと。紛争が尾をひいてしまい、家族関係が壊れるようなことになっては元も子もないのです。

以前ご相談いただいたケースでは、依頼いただいた時点ですでに10年近くが経っておりました。そこまで紛争化してしまうと、もう元の兄弟にはなかなか戻れません。このように問題がこじれてしまう前に、ぜひ早めに当事務所までご相談ください。

「終活」を考える方には遺言作成をアドバイス

「公正証書遺言」のほうが自筆証書よりも安心

相続を紛争化させないためには、何よりも生前の被相続人の準備が欠かせません。被相続人の意思は大きな意味をもつもので、相続人にその思いを的確に伝えることによって、争いのない相続を実現できる可能性が高まります。つまり必要なのは「遺言書の作成」であり、「終活」を考える方には、当事務所で早期の遺言作成をアドバイスしています。

遺言書は「公正証書遺言」のほうが、「自筆証書遺言」よりもはるかに安心です。自身で作成したことが証明され、法的に必要な形式を整える意味でも公正証書にしておくと間違いがありません。

公正証書遺言の作成は、遺産分割の中身について一緒に考え、文案を決めて、公証人にそれを渡して作ってもらうという流れになります。加えて遺言能力についても、公正証書遺言には証人2名がつきますから、後で有効性について問われにくい安全なものとなるのも利点でしょう。

上垣法律事務所からのアドバイス

要望に応じて士業ネットワークを活かした対応も可能

相続問題については、「ぜひ子どもの頃のことを思い出してほしい」とよくアドバイスしています。たとえば親が1ホールのケーキを買ってきたとしましょう。親は誰しも、きょうだいで仲良く分けて食べてほしいと思うものです。

でもそこで、お兄ちゃんのほうが多い、弟のほうが多いという分け方をあえてしたら、そこには理由が必ずあるはずです。それをきちんと示してあげなければ、ふだんは仲の良いきょうだいだってケンカになるに違いありません。遺産相続とはそもそも、そうした家族だからこそのシンプルな争いなのです。だからこそ親である被相続人が、争いにならない分け方を考え、それを遺言書の形で残してほしいと思います。

当事務所は地域に根差した活動を行っており、地元の税理士や司法書士との連携も活発です。相続税や不動産が絡む相続問題など、依頼者の方のご希望に応じて士業ネットワークを活かした対応を行いますので、安心して何でもご相談ください。

所属弁護士

上垣 孝俊(うえがき たかとし)

100x100
登録番号 No.45873
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

アクセス

JR姫路駅から徒歩3分

兵庫県姫路市豊沢町137番姫路センタービル2F

事務所概要

事務所名 上垣法律事務所
代表者 上垣 孝俊
住所 〒 670-0964 兵庫県姫路市豊沢町137番姫路センタービル2F
電話番号 0066-9687-7509
営業時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考
上垣法律事務所
上垣法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7509
受付時間
平日 9:00〜18:00

現在10:24です。お気軽にお電話ください。

住所
〒 670-0964 兵庫県姫路市豊沢町137番姫路センタービル2F
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP