兵庫裁判官として30年。 確かな見通しで依頼者のメリットを最大化

横山光雄法律事務所

横山光雄法律事務所横山光雄法律事務所サムネイル0横山光雄法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 相続全般複雑ケースも対応可
  • 使い込み遺産の使い込み解決
  • 遺産分割全員納得の遺産分割
  • 遺言作成正しい遺言書の作成
  • 相続放棄放棄を含めたご相談
  • 相続税節税のご相談や納税
  • 初回無料初めての相談無料
  • 夜間対応夜間電話応対可能
  • 土日対応土日も電話受付

お電話受付窓口

0066-9687-7534
受付時間平日 9:00〜18:00

料金体系

初回の相談料は無料です。
正式のご依頼前に、費用の総額をお伝えいたします。
費用の支払方法については、柔軟に対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

「横山光雄法律事務所」お電話受付窓口

現在17:52です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口0066-9687-7534
受付時間 平日 9:00〜18:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

裁判官を退官して地域に根差した弁護士に

地域の皆様の「身近な相談所」として利用してほしい

神戸市東灘区の「横山光雄法律事務所」は、JR摂津本山駅から徒歩1分の便利な場所にあります。私は神戸をはじめ香川、大阪で30年以上にわたり、裁判官として民事・家事事件の紛争解決に努力してきました。裁判官を退官して弁護士として活動する今、依頼者とともに悩み考えていく中で、一時の解決ではなく、できるだけ将来を見据えた解決を目指して問題に向き合っています。

決して敷居の高い事務所ではなく、足を運びやすい事務所として地域の皆様の「身近な相談所」として利用いただけたらうれしいです。優しく丁寧に、時間をかけて相談者のお話に耳を傾け、思いに寄り添いながらご対応。事前に予約いただければ時間外でもできるだけ面談に応じ、相談料は初回無料にしていますのでどなたでも気軽にお越しください。

多くの調停・審判に携わった経験

「遺産分割部」で勤務した豊富なキャリア

私は大阪家庭裁判所では「遺産分割部」に所属していたほか別の裁判所においても数多くの遺産分割事件を裁判官として担ってきました。この実績が現在の弁護士活動にも大いに生きており、依頼者の方にとってもメリットを感じていただいています。

裁判官は遺産分割事件処理において「調停」から「審判」まで密接に関わっていきます。調停で話がつけば合意内容(調停条項)を確認して事件は終わり、調停が不成立に終わった場合には審判手続に自動的に移行します。相続人全員を当事者として、裁判官が中心になって指揮しながら手続が進められていきます。

この一連の流れをこれまで多数経験していることで、依頼者から相談いただく遺産分割におけるそれぞれの事案が、最終的に審判でどうなるかの予測ができるわけです。

最終的に審判でどのように判断されるかを見通す

たとえば遺産分割における手続きの大まかな流れは、一つ目は相続人の確定、2つ目は遺産の範囲を確定すること、それを受けて法定相続分にのっとり、分割内容が定まるというものです。その中で争いが起きやすいのは、たとえば「寄与分」の有無や「特別受益」が認められるかどうかの部分。こうした要素が依頼者の要望通りに勝ち取れるかどうかが、弁護士の役割にもなってくるわけです。

どのような場合に寄与分や特別受益が認められるかについて、法律の規定の仕方は抽象的で見通しがたちにくく、また法律的に解釈が分かれてしまうこともあります。つまり、実際の相続においてどこまで認められるのか、先が読みにくい領域といえるのです。

その点私の場合、裁判官としての過去の経験によって、実際の判例や知識の蓄積がありますから、それらが最終的に審判でどのように判断されるかの見通しができやすいわけです。

相続問題を迅速かつ円滑に解決

あらゆるケースを想定して適切な解決策をアドバイス

IMG_0766 300x215

審判は相続人全員にとっての決着の場であり、各相続人の主張と立証に基づいて、裁判所がどのように遺産分割をすべきかという決定を下す場です。つまり結果として、相続人の意思や意向とは大きく異なる相続内容になってしまうケースも考えられるのです。

たとえば相続財産であった土地などの不動産を共有財産にされてしまい、「解決しているようでしていない」という悩ましい状況になることもあり、今度は地方裁判所で「共有物分割訴訟」を起こさざるを得ない羽目にもなりかねません。

こうした審判でのリスクを見通し、十分な検討を重ねながら交渉や調停に臨むことが必要で、あらゆるケースを想定して依頼者にとって最も現実的で適切な解決策をアドバイスできる点も、裁判官としての長い経験をもつ弁護士の強みでしょう。

調停における話し合いや、最終的な審判における確かな見通しが効くことは、相続問題を迅速かつ円滑に解決していけるという意味で、依頼者への大きなメリットとなります。

遺言の相談や作成から親身に対応

「公正証書遺言」で作成し定期的に内容をチェック

遺産分割のトラブルを未然に防ぐには、遺言書の作成は有効な手段の一つとなるものです。しかし遺言書は、それを書いた時点の状況を前提にしているため、記載の内容について必要に応じてチェックが必要です。たとえば遺言書を作成して3年も経てば、相続人として指定していた子どもが、親よりも先に亡くなっていたというケースも考えられるのです。

また自筆証書遺言にしていると、内容に不備があり法的な効力がなかったり、本当に本人が書いたものかどうかという疑念を持たれる可能性もあります。遺言書は紛争を避ける意味での効果がありますが、運用を間違うとかえってトラブルの種を作ってしまうこともあるのです。

そのため、「公正証書遺言」で作成した上で、1年に一度程度は遺言内容のチェックを行っていくことをお勧めします。当事務所では、遺言書の作成から親身なサポートを行いますのでどうぞご相談ください。

横山光雄法律事務所からのアドバイス

家族間に禍根を残さないよう、弁護士に早めの相談を

遺産分割の際に起こる争いは、きょうだいなどの家族間や親との関係といった、これまでの人生経験が反映された争いになることが多々あります。弁護士として、もちろん依頼者の方の話を十分にお聴きし、解決に向けて最もふさわしい方法を検討していくのですが、一方で家族間の人間関係にとらわれ過ぎると、遺産分割の出口が見つからなく場合もあります。

これまで裁判官としても多くの遺産相続の問題を見てきた経験から、家族間の人間関係と遺産分割はできるだけ分けて考える努力をすることが、家族関係に禍根を残すような事態を避けることにつながるのではないかと思います。そのためにも、遺産分割の問題に直面したら、ぜひ弁護士などの第三者に相談されることをお勧めしたいですね。

「一家の主」の方が歳を重ねてこられたら、「そろそろ遺産相続について考えないと…」という気軽なスタンスでどうぞ相談にいらしてください。初回相談は無料でお受けしていますので、トラブル化しない遺産分割についての良いアドバイスができると思います。

所属弁護士

横山 光雄(よこやま みつお)

横山光雄法律事務所
登録番号 No.53629
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

アクセス

JR摂津本山駅南口から徒歩1分

神戸市東灘区田中町1-15-5 コマツビル本山402

事務所概要

事務所名 横山光雄法律事務所
代表者 横山 光雄
住所 〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-15-1 コマツBILD本山402
電話番号 0066-9687-7534
営業時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考
横山光雄法律事務所
横山光雄法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7534
受付時間
平日 9:00〜18:00

現在17:52です。お気軽にお電話ください。

住所
〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-15-1 コマツBILD本山402
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP