香川県遺言書・家族信託など事前対策と 遺産分割をワンストップ対応!

弁護士法人あい法律事務所

  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
弁護士法人あい法律事務所

取扱い可能な事案

  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

事務所概要

所在地
〒760-0018 香川県高松市天神前10番5号 高松セントラルスカイビルディング2F最寄駅
対応エリア
香川県

お電話受付窓口

050-5267-5719

受付時間:平日 9:00〜19:00

料金体系

相談料は初回30分無料。
それ以降は、30分5,400円(税込)です。
弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

「弁護士法人あい法律事務所」お電話受付窓口

現在02:44。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

お電話での受付窓口050-5267-5719
受付時間 平日 9:00〜19:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

気鋭の弁護士3名があらゆる相続問題に対応

「家族信託」「事業承継」など生前の対策を重視

「弁護士法人あい法律事務所」は高松市に新たに開設した弁護士事務所です。気鋭の弁護士3名が在籍し、地域に根差した活動を精力的に展開。遺産分割協議や遺言書の作成、遺品整理など、相続に関するあらゆる問題についてスムーズな解決を目指して尽力しています。

当事務所では、より円滑な遺産相続を実現するためにも、被相続人の生前に行うべき「準備」に対するサポートを重視しています。遺産分割の局面で、親族間で感情的な争いになり、残されたきょうだい間で紛争化してしまう例をこれまでも経験してきました。

だからこそ、遺産相続を巡る紛争に子どもらを巻き込まないよう、生前の相続対策に注力。「遺言書の作成」はもちろん、「家族信託」や「事業承継」などに専門的なノウハウを有しています。特に信託の手続きについては、磯崎が「一般社団法人香川民事信託推進協議会」の設立メンバーであり、磯崎と弁護士・山口恭平が家族信託専門士・コーディネーター(一般社団法人家族信託普及協会)の資格を有しています。

地域の士業ネットワークを生かして対応

当事務所では、事務所の弁護士以外にも、地域の税理士や司法書士、不動産鑑定士などの専門家と連携しながら、チームとして案件を手掛けているのが大きな特長です。もちろん相続発生後の「遺産分割」の局面でも、こうした士業が相互に連携しながら問題の解決に注力。ご相談の入口から解決の出口まで、多彩なノウハウでワンストップ対応を実現します。

豊富なノウハウで事前の対策をアドバイス

柔軟な制度設計で相続対策にも使える「家族信託」

「家族信託」とは、生前の財産管理の一手法であり、資産を持つ方が、保有する不動産や預貯金等の資産を信頼できる家族に託し、その管理・処分を任せる仕組みです。いわば「家族の家族による家族のための信託(財産管理)」と言えるものです。

生前の相続対策の一環としても、遺言書の作成にない家族信託のメリットはいくつかあります。たとえば、通常の遺言では、2次相続以降の資産承継先の指定ができませんが、信託であれば可能です。また不動産の共有問題や、将来の共有相続への紛争予防に活用できる点など、柔軟な制度設計ができるのが信託なのです。

事業を円滑に次の世代に渡すための「事業承継」

また「事業承継」についても、経営者が亡くなってから慌てるのではなく、生前に承継の中身を決めておくことは欠かせません。後継者や株式譲渡の問題など、事業を次の世代がうまく受け継ぐための制度設計に生前から注力することが重要です。

当事務所では、さまざまな相続の紛争化例についてこれまで解決につなげていますから、「予防のためにはどのような点に留意すべきか」という観点で提案することが可能です。ぜひ経験豊富な当事務所に、事前の相続対策についてはお任せください。

事前の準備として遺言書の作成を

紛争化を防げる「公正証書遺言」がおすすめ

遺言書は、遺産相続時のトラブルを防ぐために作成するものです。当然ながら、後に紛争化しないような手立てを講じておくことが必要。なかでも多いのが、相続発生後に、遺言書の内容に納得のいかない相続人から、「遺言書の無効」について主張されるケース。遺言者が認知症であったことを理由にして遺言書の無効訴訟を起こされることもあります。

それを防ぐためにも、公証人および証人のもとで作る「公正証書遺言」がおすすめ。同時に、認知症でない旨を確認できる医師の診断書を付けるといった措置も講じておくといいでしょう。当事務所では紛争化しない遺言書の内容はもちろん、生前の相続税対策も税理士やファイナンシャルプランナーなどと連携しながら丁寧なアドバイスを提供していますので、ぜひ早めにご相談ください。

遺言書の作成のほかに、成年後見や任意後見、また状況に応じて家族信託の方法をご提案することも可能です。こうした引き出しの多さや多様なプラン、提案のバリエーションの豊富さは当事務所のならではの強みといえるでしょう。

遺産分割協議・調停もお任せ

任意交渉での円滑な解決を目指す

遺言書などの生前の準備がない場合、遺産をどう分けるかは、相続人間での「遺産分割協議」によって話し合いが行われることになります。協議の場での任意交渉でまとまらなければ、「遺産分割調停」に移行。ただし、交渉で合意をはかるほうが時間も費用も少なく済みますから、当事務所ではできる限り任意交渉での解決に努めたいと考えています。

相続人間だけで遺産分割協議がまとまり、相続不動産の名義変更などの登記手続きだけで済む場合には、連携する司法書士を紹介するだけのサービスに留めるなど、依頼者の方の金銭メリットにつながるよう考えています。

遺産分割には丁寧な財産調査が欠かせない

相続開始から丹念に調査を実施して事実を確認

同居している相続人が、被相続人の生前から遺産を取り込んでいると思われるようなケースでは問題が紛争化しがちです。こうしたときに遺産相続を任意交渉でまとめるには、財産の動きについて、取引履歴を調べて証拠を確保するなど、最初の段階から丹念に調査を実施していくことが欠かせません。

また土地などの不動産については、単純に固定資産評価を用いるのか、専門家の鑑定によって評価するのかで金額も変わってきます。当事務所では豊富な士業ネットワークによって、事案の中身に沿って最適な解決方法を選択することが可能です。

あらゆる相続の悩みや紛争に対して適切に対処

先日も、遺留分(一定の相続人が必ず受け取れる相続分)を請求され、争いになっている案件で、不動産鑑定士に鑑定してもらった結果、固定資産評価よりも半額であるとの評価が得られました。その結果を裁判所に提出したことで、依頼人に請求される遺留分は半分の金額で決着できたのです。

相続の問題は、さまざまな法的要素が絡んで複雑化することが少なくありません。地域の多彩なネットワークを生かしてチームで対応することが当事務所の特色ですから、あらゆる相続の悩みや紛争に対して適切に対処していくことが可能となります。

弁護士法人あい法律事務所からのアドバイス

生前の対策が重要であることを知ってほしい

遺産相続を円滑に進めるためには、被相続人の事前の対策が重要であることをぜひ知っていただきたいと思います。何も対策をしなければ、紛争の火種を子どもや孫に残してしまうことになります。残される側が、そのことを残す側に進言することも必要でしょう。ぜひお元気なうちに、財産管理や相続の方法について家族で相談されることをおすすめします。

所属弁護士

松繁 明(まつしげ あきら)

あい法律事務所 松繁弁護士 100x100
登録番号 No.44600
所属弁護士会 香川県弁護士会

山口 恭平(やまぐち きょうへい)

山口 恭平
登録番号 No.53377
所属弁護士会 香川県弁護士会

アクセス

最寄り駅:琴電/瓦町駅 JR/栗林公園北口駅
駐車場有り

香川県高松市天神前10番5号

事務所概要

事務所名 弁護士法人あい法律事務所
代表者
住所 〒760-0018 香川県高松市天神前10番5号 高松セントラルスカイビルディング2F
電話番号 050-5267-5719
営業時間 平日 9:00〜19:00
定休日 土日祝日
備考
弁護士法人あい法律事務所
弁護士法人あい法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-5719
受付時間
平日 9:00〜19:00

現在02:44。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒760-0018 香川県高松市天神前10番5号 高松セントラルスカイビルディング2F
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2019 Agoora.inc.

TOP