岡山もめない相続のために 親族間の想いに沿った解決を目指します

すずかけ法律事務所

  • 通話無料
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
すずかけ法律事務所

取扱い可能な事案

  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

事務所概要

所在地
〒700-0816 岡山県岡山市北区富田町2-12-13 片山ビル2階最寄駅
対応エリア
岡山

お電話受付窓口

0066-9687-7526

受付時間:平日 9:30〜20:00

料金体系

初回のご相談は無料です。
正式にご依頼いただく前に、費用の総額がいくらになるかをお伝えしております。
また、費用の支払方法等、依頼者様との相談にも応じております。
お気軽にご相談下さいませ。

「すずかけ法律事務所」お電話受付窓口

現在12:15です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口0066-9687-7526
受付時間 平日 9:30〜20:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

地元岡山出身の弁護士による法律事務所

常に親切丁寧な法律相談と事件処理を心がける

「すずかけ法律事務所」はJR岡山駅から徒歩10分の岡山市北区にある、地元に根差した弁護士事務所です。私は岡山市南区で生まれ育ち、地域に貢献できる仕事がしたいとの思いで24歳のときに弁護士になることを決意しました。

常に親切丁寧な法律相談、事件処理を心がけており、依頼者のことを第一に考えた問題解決を目指しています。遺産相続の事案は、それぞれ個別的な事情に左右される点が多くありますから、まずはお話をじっくりと聞き、問題のもとになっている部分がどこなのかを丁寧に導き出していきます。

当事務所はお客様用の駐車場も備えており、気軽にお車で来所いただけます。電話での受付は9時から20時まで対応しており、事前にご予約があれば平日夜間や土日祝日の面談ももちろん可能です。初回無料でご相談に応じていますので、いつでも遠慮なくご連絡ください。

生前のうちに円満な相続に向けた準備をする

「まだ先のこと」と思う前に、できるだけ早く相談を

遺産相続の問題解決で重要なのは、被相続人が亡くなられた後ではなく、生前のうちに円満な相続を実現するための準備をしておくことです。準備を怠ったために、自分がいなくなった後の家族関係に不安をもちながら亡くなる方が少なくありません。残った財産によって、相続人間で争いが起こってしまうのではないかという心配があるからです。

生前に被相続人が法定相続人を集め、遺産分割に対するご自身の想いを説明する場を作ってもいいでしょう。事前に親族の間で分割内容についてある程度の納得が得られていれば、余計な不安に苛まれることもないと思います。その上で、コンセンサスを得た分割内容に沿って遺言書を残しておかれることをお勧めします。

そのためにも、残すべき財産のある方や家族関係が複雑な方は、できるだけ早めに弁護士にご相談ください。「まだ先のこと」と思う前に、まずはご自身の財産や相続人の詳しい調査から進める準備をされていくと良いのではないかと思います。

相続時にもめない遺言書を作成する

遺留分対策など遺言書の作成から親身にアドバイス

遺言書の作成は、詳細な財産調査を実施して現在の財産内容をきちんと把握してから取りかかります。この時点から弁護士に相談をいただければ、実際に相続が始まったあとに、親族間でもめずに済む遺言書を作るアドバイスができます。

その一つは「遺留分」対策です。兄弟姉妹を除く法定相続人には、「遺留分」として遺産に対する最低限度の取り分が確保されており、遺言によっても侵すことのできない権利として強く認められています。つまり、「〇〇に全ての遺産を与える」という特定の相続人に偏った遺言があったとしても、親や子どもの兄弟姉妹以外の法定相続人には、相続財産の一定割合を必ず取得できる権利があるわけです。この権利を主張し遺留分を請求することを「遺留分減殺請求」といいます。

つまり、偏った相続の内容をそのまま遺言にしてしまうと、相続開始時に該当の相続人から遺留分減殺請求の主張が出てしまい、遺産分割の話がスムーズに進まなくなる可能性があるわけです。そうならないためにも遺言書の作成から弁護士にアドバイスを仰ぎ、相続を紛争化させない準備を重ねておくことが大切でしょう。

遺言は公正証書遺言で残すことがお勧め

公正証書遺言作成のお手伝いから遺言執行までサポート

遺言書は言うまでもなく、公正証書にすることが望まれます。「公正証書遺言」は、証人2人の立ち会いのもとで公証人によって作成してもらう遺言です。形式の不備で無効になることがない上、原本が公証人役場に保管されるために偽造や変造、紛失の恐れがないというメリットがあります。また家庭裁判所の検認が必要でないことから、遺言者が亡くなったあと、直ちに遺言内容を実現することができます。

当事務所は公正証書遺言の作成のお手伝いから、遺言執行者として相続開始後の各種手続きを進めていくまでの一連のサポートを行うことが可能です。遺言執行者は手続きをスムーズに行なうために、相続において利害関係がなく、相続に関しての専門知識がある人が望ましいといえます。弁護士などの法律のエキスパートに依頼することで、相続手続きが円滑に進み、相続人同士の紛争防止にもつながると言えるでしょう。

遺産分割協議では代理人として粘り強く交渉

調停への円滑な移行も含めて円満に解決できるよう努力

遺言書のない場合の遺産分割では、法定相続分以上の主張が一部の相続人から出た場合に、とかく紛争化のリスクが高まります。その場合には、依頼者の代理人として粘り強く交渉を行い、調停への移行も見越して可能な限り円満に解決できるよう努力していきます。

特に不動産が相続財産の多くを占めているような場合には、状況が複雑化しがちです。土地などの不動産を相続人同士が共有していくことは難しいため、金銭に換えて分割する換価分割がまず考えられます。しかし被相続人の遺志として、「土地は先祖から受け継がれたものだから、手放すことなく相続してほしい」という要望があることも少なくありません。

その場合には、不動産を継ぐ人が代償金として現金を用意し、それを他の相続人に与える代償分割などによって解決することを考えます。現物による分割よりも交渉が難航するケースが多いため、粘り強く対応しながら、依頼人が納得できる点を探していくことになります。

税理士など地域の士業ネットワークを活かして対応

当事務所では税理士や司法書士など地域の士業と活発に連携しながら、相続に関するあらゆる問題に対応しています。平成27年には相続税の基礎控除が6割に縮小され、最高税率が55%へ引き上げられるなどの相続税及び贈与税の改正がありました。こうした動きに即応するために、税理士との密な連携も常に重視しています。

すずかけ法律事務所からのアドバイス

親族間に感情的なしこりが残らないようベストを尽くす

遺産相続の事案で忘れてはいけないのが、金銭的な問題に直面した後も、家族や親族との関係性はずっと続いていくものであるという点です。それだけに感情的なしこりが残ることのないよう、弁護士としてベストを尽くします。

親族間で最も納得感の得られる方法を見つけながら、依頼者の満足度を最大限に追求していけるよう尽力しますので、相続問題に直面している方や、相続の準備について考えたいという方はぜひ早めにご相談ください。

所属弁護士

山口 秀哉(やまぐち ひでや)

山口 秀哉1
登録番号 No.51161
所属弁護士会 岡山弁護士会

アクセス

JR岡山駅から徒歩10分

岡山県岡山市北区富田町2-12-13 片山ビル2階

事務所概要

事務所名 すずかけ法律事務所
代表者 山口 秀哉
住所 〒700-0816 岡山県岡山市北区富田町2-12-13 片山ビル2階
電話番号 0066-9687-7526
営業時間 平日 9:30〜20:00
定休日 土日祝日
備考 事前にご予約いただければ、土日もご相談が可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。
すずかけ法律事務所
すずかけ法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7526
受付時間
平日 9:30〜20:00

現在12:15です。お気軽にお電話ください。

住所
〒700-0816 岡山県岡山市北区富田町2-12-13 片山ビル2階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP