大阪府何でも気さくに話せる女性弁護士が 相談に親身に耳を傾けます

すずらん総合法律事務所

  • 通話無料
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
すずらん総合法律事務所すずらん総合法律事務所サムネイル0すずらん総合法律事務所サムネイル1すずらん総合法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

事務所概要

所在地
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-1-4 第三大阪弁護士ビル504最寄駅
対応エリア
大阪府

お電話受付窓口

0066-9687-7157

受付時間:平日 10:00〜18:00

料金体系

費用については、相談時にご説明させていただきます。
初回の法律相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

「すずらん総合法律事務所」お電話受付窓口

現在18:01。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

お電話での受付窓口0066-9687-7157
受付時間 平日 10:00〜18:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

不動産会社に勤務したのち司法試験に合格

司法書士としても登録、不動産登記などの業務も可能

大阪市北区にある「すずらん総合法律事務所」の弁護士松下美穂は不動産会社に勤務したのち、司法書士事務所を開設。その後司法試験に合格して弁護士となり、勤務弁護士を経て独立しました。司法書士としても登録しており、相続に関連する不動産登記などの司法書士業務も行っています。

不動産会社でのキャリアと、司法書士として登記業務に携わってきた経験を生かして、相続に関する問題は得意としています。土地家屋調査士や税理士、FPなどの他士業と連携し、遺産相続に関する問題をトータルでサポートいたします。

気さくに何でも話せる弁護士

相談者の立場に立って、話をじっくりと聴く

相続の争いは親族間の人間関係のもつれが原因となっていることが多く、依頼者ご自身がこれまで生きてこられたプロセスに深く関わってくる問題です。法律とは関係ない部分も含め、依頼者のお話に親身に耳を傾けることが欠かせません。面談ではじっくりとお話をうかがい、トラブルの原因がどこにあるのかを明確にしていきます。

聞き慣れない法律問題を分かりやすく説明し、気軽に相談してもらえるよう心がけています。常に相談者の立場にたって丁寧に耳を傾け、女性弁護士であることも含めて、「話しやすい」という声を多くいただきます。相談については初回相談料無料でお受けしていますので、まずはお気軽にご連絡ください。

遺産相続の問題を弁護士に相談するメリット

紛争化した事案を解決していけるのは弁護士だけ

相続の問題は、当事者同士で話をすればするほどこじれていくことが多々あります。感情的なもつれも相まってお互いの行き違いを生み、事情を誤解したまま2年、3年と争いが続いていくというケースは少なくないのです。その場合には、できるだけ早い段階で弁護士が間に入り、紛争のもつれをほどいていくことで解決できる場合があります。

法律的な解釈についてきちんと話をしていくことで、誤解のあった部分を解消し、紛争になっている部分を一つひとつ紐解いていくことが大切。遺産分割調停や訴訟を見据えた解決が図れるのは、紛争解決のプロフェッショナルである弁護士だけです。親族間でトラブルになることが予測されるような際には、ぜひ早めに当事務所にご相談ください。

不動産が絡む相続は複雑化しがち…

換価分割や代償分割など適切な方法を選択

遺産分割の対象に不動産が含まれる場合にはおのずと事態が複雑化しがちです。その際の遺産分割の方法には、土地や建物を売却し、金銭に換えて相続人で分ける換価分割のほか、誰かが不動産を相続する代わりに、他の相続人に代償金を支払う代償分割などの方法があります。依頼者の希望を実現するため、当事務所では、信頼できる不動産会社や不動産鑑定士、土地家屋調査士とのネットワークを活用し、迅速に対応することができます。

不動産が絡む遺産分割の場合には、相続人同士での協議だけではなかなか出口が見つからないことが多々あり得ますから、早めに弁護士にお声がけください。

相続の紛争化を防ぐには遺言書が必要

公正証書遺言の作成によってリスク回避をはかる

相続開始後に相続人間で紛争化しないよう、あらかじめ遺言書を作成しておくことは非常に重要です。自筆証書遺言の場合には、遺言者がそれを書いた状況が不明確であり、後になって「相続人の誰かが無理やり書かせた」という主張が他の相続人からなされることがあります。遺言書が後にトラブルを引き起こすことにならないためにも、当事務所では公正証書遺言による作成を強くおすすめしています。

公証人の前で適切に作成される公正証書遺言であれば、紛失や偽造の心配がなく、紛争化の種を可能な限り摘み取ることができます。また自筆遺言と違って相続開始時に裁判所による検認手続きが不要ですから、迅速な遺産分割が可能になるというメリットもあります。

遺言書の作成において欠かせない「遺留分」対策

さらに遺言書の作成においては、「遺留分」に対する対策は欠かせません。遺留分とは、民法で決められた一定の相続人が、必ず受け取ることのできる遺産の割合です。遺留分を侵害された相続人は、1年以内に「遺留分減殺請求」を行うことによって、侵害された遺留分に相当する財産を手にすることができます。

特に会社経営者の相続については、事業承継の際の株式譲渡によって遺留分侵害が起きる場合など、きちんとした対策を講じておかなければ株式の移譲がうまくいかず、正しい事業承継ができなくなる恐れがあります。つまり該当の相続人の遺留分に相当する財産を別途用意しておくといった備えが必要になるのです。

株式譲渡が絡む形で紛争化してしまうと、問題がいっそう複雑になりかねません。事業承継が絡む経営者の相続については、特に早期の相談が必要になりますからご注意ください。

節税や将来の経済設計を見据えて税理士・FPとも連携

また当事務所では、税理士やファイナンシャルプランナー(FP)との連携によって、節税や将来の経済設計を見越した遺言書の作成を行います。遺産相続全般において、当事務所の士業ネットワークを生かした対応で、依頼者の方にとって最もふさわしいサポートを提供しますので、いつでも遠慮なくご相談いただければと思います。

松下美穂弁護士からのアドバイス

後の世代に紛争の火種を残さないためにも遺言書の作成を

遺産相続を円滑に進めるには、まずは被相続人の方が、後の世代に紛争の火種を残さないという意識を持たれることが大切でしょう。そのためにも遺言書の作成は必要であり、まだお元気なうちにできるだけ早く相談にいらしていただくことをおすすめします。依頼者の方の思いにしっかりと寄り添い、円満・円滑な相続の実現のお手伝いができるよう力を尽くしていきます。

所属弁護士

松下 美穂(まつした みほ)

登録番号 No.45672
所属弁護士会 大阪弁護士会

米﨑 みどり(よねざき みどり)

登録番号 No.45537
所属弁護士会 大阪弁護士会

アクセス

地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅 徒歩8分
地下鉄堺筋線|京阪本線「北浜」駅 徒歩7分
地下鉄堺筋線|地下鉄谷町線 「南森町」 駅 徒歩10分
JR東西線 「大阪天満宮」 駅 徒歩12分
京阪中之島線 なにわ橋 徒歩5分

大阪府大阪市北区西天満4-1-4

事務所概要

事務所名 すずらん総合法律事務所
代表者 松下 美穂・米﨑みどり
住所 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-1-4 第三大阪弁護士ビル504
電話番号 0066-9687-7157
営業時間 平日 10:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考 事前のご予約で、土日祝日も対応しております。
すずらん総合法律事務所
すずらん総合法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7157
受付時間
平日 10:00〜18:00

現在18:01。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-1-4 第三大阪弁護士ビル504
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP