【厳選掲載】遺産相続に強い弁護士

【全国版】遺産相続に強い!評判の弁護士を検索

  • 対応:北海道 事務所:札幌市

    大学教員&家裁調停委員で 培った経験が高い問題解決力を生む

    学園法律事務所(須田晟雄弁護士)
    お電話での受付窓口 050-5267-5779
    受付時間 平日 10:00〜18:00

    学園法律事務所(須田晟雄弁護士)

    • 電話受付可能
    • 初回相談無料
    • 夜間電話受付
    • 土日電話受付
    所在地〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西11丁目一条ビル4階
    最寄駅地下鉄東西線西11丁目駅から徒歩5分
    市電中央区役所前駅から徒歩3分
    対応エリア北海道
  • 対応:鹿児島県 事務所:鹿児島市

    遺産分割・遺言作成・信託… 想いを実現する相続を提案します

    みずほ法律事務所
    お電話での受付窓口 050-5267-5856
    受付時間 平日 9:00~18:30

    みずほ法律事務所

    • 電話受付可能
    • 初回相談無料
    • 夜間電話受付
    • 土日電話受付
    所在地〒892-0815 鹿児島県鹿児島市易居町1-34 リミビル4階
    最寄駅鹿児島市電 市役所前電停より徒歩1分
    対応エリア鹿児島県
  • 対応:岡山 事務所:岡山市

    もめない相続のために 親族間の想いに沿った解決を目指します

    すずかけ法律事務所
    お電話での受付窓口 050-5267-5827
    受付時間 平日 9:30〜20:00

    すずかけ法律事務所

    • 電話受付可能
    • 初回相談無料
    • 夜間電話受付
    • 土日電話受付
    所在地〒700-0816 岡山県岡山市北区富田町2-12-13 片山ビル2階
    最寄駅JR岡山駅から徒歩10分
    対応エリア岡山
  • 対応:四国 事務所:松山市

    なんでも相談でき、誰でも 気安く足を運べる身近な事務所です

    ふじわら法律事務所
    お電話での受付窓口 050-5267-5683
    受付時間 平日 9:00~18:00

    ふじわら法律事務所

    • 電話受付可能
    • 初回相談無料
    • 夜間電話受付
    • 土日電話受付
    所在地〒790-0003 愛媛県松山市三番町4丁目5−11 アイビーコート4階
    最寄駅「市役所前駅」より徒歩5分
    「松山市駅」より徒歩6分
    対応エリア四国
  • 対応:千葉 事務所:千葉市

    弁護士20年以上のキャリアで 全ての相続問題に的確にご対応!

    井上総合法律事務所
    お電話での受付窓口 050-5267-5831
    受付時間 毎日 24時間

    井上総合法律事務所

    • 電話受付可能
    • 初回相談無料
    • 夜間電話受付
    • 土日電話受付
    所在地〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4-10-16 CI-22ビル602
    最寄駅・京成「千葉中央駅」
    ・千葉都市モノレール「県庁前駅」「葭川公園駅」
    対応エリア千葉
  • 対応:広島県 事務所:呉市

    地元出身の「身近な弁護士」が あらゆる相続問題に親身に対応!

    たおく法律事務所
    お電話での受付窓口 050-5267-5828
    受付時間 平日9:00~18:00

    たおく法律事務所

    • 電話受付可能
    • 初回相談無料
    • 夜間電話受付
    • 土日電話受付
    所在地〒737-0046 広島県呉市中通2丁目1-26 呉中通ビル401-1号室
    最寄駅JR呉駅から徒歩9分
    対応エリア広島県

全国の遺産相続の傾向

全国の相続納税額は都市部が高い傾向に

平成25年の都道府県別の相続税徴収決定額を見てみると、もっとも多いのは東京都の5067億8600万円でした。次に多いのは神奈川県の1776億700万円、大阪府の1282億500万円、そして、愛知県、兵庫県、埼玉県が続いています。また、相続税がかかる相続財産を残して死亡した人(被相続人)の数は全国で54421人でした。

ただ、2015年1月に相続税制が改正されました。それによって基礎控除額が引き下げられたため、今後は相続税負担者が増える可能性があります。また、富裕層や資産家は相続税額が増えるといわれています。

被相続人1人あたりの相続財産は?

国税庁のデータによると、平成25年中の被相続人(死亡者数)は約127人(平成24年は約126万人)で、このうち相続税の課税対象となった人は全国で54421人、課税割合は4.3%でした。総課税財産価格は11兆6253億円ですが、これを被相続人の数で割ると1被相続人あたり2億1362万円となります。

ただし、これはあくまでも平均値です。これより多くの相続財産を残している人もいますが、少ない人でも相続税が発生する可能性があります。他人事と思わずに、一度財産の評価額を計算してもらうといいでしょう。

相続財産の内訳は宅地と現金・預貯金が多い

国税庁の発表によると、相続財産額の中で高い割合を占めているのは宅地(借地権を含む)で、3兆8087億6700万円にものぼります。また、宅地を残して亡くなった被相続人の数は50071人になります。これ以外にも田畑や山林も含めると、相続財産の額は5兆2072億6900万円になり、全相続財産の41.5%を土地が占めています。次に多いのが現金・預貯金で3兆2547億9800円で全体の26%を占めています。その次に多いのは有価証券で全体の16.5%になります。

土地は地価が変動しますし、有価証券も価値が高くなることがあります。特に地価が高い都市部では早めに相続税対策を考えておくことが大切です。

預貯金が多い人は相続税対策を早めに!

相続財産の中で土地の次に額が高いのが現金と預貯金です。ちなみに全国の都道府県の預貯金ランキングでトップは東京都の19,577,000円でした。次に三重県の19,394,000円、福井県の19,111,000円が続きます。ベスト10にはこの他に奈良県、愛知県、香川県、神奈川県、岡山県、静岡県、岐阜県が入っています。この金額の中には有価証券や生命保険なども含まれています。もし死亡して生命保険金が入るとさらに相続財産が増えることになります。

相続税を計算する際には基礎控除がありますが、それ以上に相続財産の額が多い場合は相続税がかかりますので気をつけましょう。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2020 Agoora.inc.

TOP