依頼者の想いと主張を丁寧に汲み取り 最善の解決策を提案します

五十鈴総合法律事務所(市橋雅晴弁護士)

  • 五十鈴総合法律事務所(市橋雅晴弁護士)
事務所名 五十鈴総合法律事務所(市橋雅晴弁護士)
電話番号 050-5385-5015
受付時間 平日9時30分~18時00分
定休日 土日祝
住所 〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷1-1-54アーバンビル201
アクセス方法 JR武蔵野線「南越谷駅」および東武スカイツリーライン「新越谷駅」東口から徒歩5分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
取り扱い可能な事案
  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

五十鈴総合法律事務所(市橋雅晴弁護士)の強みと特徴

地域の「かかりつけ弁護士」でありたい

話をじっくりと聴き、最善の解決策をご提案

埼玉県越谷市にある「五十鈴総合法律事務所」の弁護士・市橋雅晴です。当事務所はJR武蔵野線「南越谷駅」および東武スカイツリーライン「新越谷駅」東口から徒歩5分の場所に位置する地域密着の法律事務所です。

当事務所は、地域の皆さまの「かかりつけ弁護士」として、気軽に相談できることをコンセプトとしております。弁護活動にあたっては、依頼者の状況を十分にヒアリングし、あらゆる観点から解決策をご提案いたします。依頼者の話をじっくりと聴き、細やかなコミュニケーションによって依頼者との「認識のズレ」が生じないよう努めています。

相談は、初回1時間無料でお受けしております。面談時には分かりやすい言葉で丁寧に説明いたします。病気と同じく、法的紛争においても早期発見と早期対処がより良い結果をもたらすことが多々ございますので、何かお困りの際には、1人で悩み続けることなくとりあえず当職にご相談ください。

相続問題は感情的なもつれを生みやすい

問題の本質がどこにあるかを見極めることが大事

遺産相続の問題は、とかく感情的な対立になりやすいものです。親族間の関係性や、それまでの様々な事情が絡んでくることが多く、問題の本質がどこにあるかを見極めることが必要です。そのため、依頼者の話をじっくりと聞くことを心がけながら、話の道筋を整理していくことを重視しています。

感情的な対立を整理し、依頼者の最大利益を実現

相続では遺産分割の際に争いが起きがちです。遺産分割協議のなかで、相続人間で様々な主張が出てきて話がまとまらないときや、長男などの相続人が財産を囲い込み、なかなか遺産分割協議を始めない…といったケースもあります。もめごと自体はないものの、遺産分割が進まないから弁護士に依頼して事態を動かす、というご相談も多いのです。

また、相続人の中から「同居して親の面倒をずっと見ていたのだから、財産は多く欲しい」といった「寄与分」の主張が為されたり、被相続人の生前に、相続人の誰かが一定の財産をもらっていた場合の「特別受益」に関する主張もよく出てきます。

感情的なもつれが交差するなかで、こうした主張を整理し、依頼者の方にとっての最大利益を実現していくことができるのが、弁護士に依頼をいただくメリットです。

遺産分割の前提として大事な財産調査

財産を隠していたり、使い込みの問題解決も

遺産分割にあたって、それまで親の財産を管理していた相続人が、相続財産を開示してくれなかったり、なかにはすでに使い込んでしまっているような例もあります。そうしたときは、遺産分割に先立って相続財産の全容を把握しなければなりませんが、ご自身だけでは限界がある場合も多いでしょう。その点、弁護士であれば弁護士会照会などの調査方法で財産調査を行うことができます。

相続人の確定も含め、遺産分割に必要な資料を円滑にそろえるには弁護士を活用することが有用です。相続発生後、少しでも紛争化のおそれがある場合は、不安解消のためにもまずは一度弁護士に相談してほしいと思います。

できるだけ協議でまとまるよう粘り強く交渉

合意できないときは裁判所での「遺産分割調停」へ

当職は遺産分割で紛争になっているようなケースでも、安易に調停を申し立てるのではなく、できるだけ協議でまとまるよう粘り強く交渉したいと考えています。そのほうが、依頼者の方にとっての費用面や、解決までの時間を考えてもメリットが大きいからです。

けれども、遺産分割の争いやトラブルは感情面の対立が激しくなることが多く、協議が平行線のまま時間ばかりが過ぎていくようなケースも少なくありません。そうしたときには、裁判所に遺産分割調停を申立てて、話し合いの場を裁判所に移すことになります。

法的な裏付けをもった主張を的確に伝えられる

遺産分割調停では、調停委員が間に入り、相続人間の合意点を見つけるべく話し合いを続けていきます。この場合、ご本人だけでは主張すべき内容がきちんと調停委員に伝わらないというリスクもあります。

そこで弁護士がサポートすることで、法的な裏付けをもった主張を的確に調停委員や相手側に伝えることができ、納得のいく解決へと近づけることができます。遺産分割調停の場ではぜひ弁護士を代理人につけることをおすすめします。

不動産が絡む問題解決もお任せを

不動産業者や司法書士との連携もOK

不動産の相続は「現物分割」が難しい場合が多く、売却して金銭に換えた上で分ける「換価分割」や、不動産を受け継ぐ代わりに他の相続人に現金などを代償金として支払う「代償分割」の方法も検討します。

こうした不動産の価値の算定には専門家の知見が必要であり、当職は日ごろから不動産業者との連携も図っております。登記の面では司法書士のパートナーシップを活かし、依頼者の方のメリットにつながるようなサポートを行うことも可能です。不動産が絡むような相続問題についてもどうぞご相談ください。

遺産分割でもめないためには「遺言書」を

「争いにならない遺言書」の作成をサポート

相続において争いになることを避けるには、生前に「遺言書の作成」をはじめとした対策を講じておくことが重要です。相続を考える段階になれば、被相続人の方は早い段階から一度弁護士に相談されたほうが良いでしょう。

もめない遺言書にするには、「公正証書遺言」による作成がベターです。自筆証書遺言に比べて安心・安全で、有効性についても問題となるケースが少ないといえます。後になって紛争になりにくいことを考えても、公正証書遺言のほうがメリット大きいですから、当職としてもおすすめしています。

ただ、現在は自筆証書遺言の法務局による保管制度ができて、公正証書でなくとも安全性は以前より高まりました。そうした点も踏まえ、依頼者の希望をしっかりとお聴きした上で、争いにならない遺言書の作成について丁寧にサポートいたします。

市橋雅晴弁護士(五十鈴総合法律事務所)からのアドバイス

取り返しがつかなくなる前に弁護士に相談を

遺産相続の問題は親族間の紛争であることから、その性質上、感情的な対立となりやすく、取り返しのつかない紛争に発展してしまうことも少なくありません。そうならないよう、できるだけ早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

当事務所は地域に根差した敷居の低い事務所でありたいと思っております。いつでもお気軽にご相談ください。

所属弁護士

市橋 雅晴(いちはし まさはる)

市橋 雅晴(いちはし まさはる)

登録番号 No.59748
所属弁護士会 埼玉弁護士会

弁護士費用

相談料

1時間無料

相続・遺産分割

着手金 協議22万円~

調停・審判 33万円~ 調停・審判期日5回目から1期日当たり22,000円
報酬金 獲得した経済的利益の17.6%(獲得した経済的利益が300万円を超える場合は11%+19万8000円))

遺言書作成

着手金 11万円~

作成した遺言書の保管につきましては別途費用が必要です。

※料金はすべて税込み価格です。

アクセス

埼玉県越谷市南越谷1-1-54アーバンビル201

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷1-1-54アーバンビル201

事務所概要

事務所名 五十鈴総合法律事務所(市橋雅晴弁護士)
代表者 市橋 雅晴
住所 〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷1-1-54アーバンビル201
電話番号 050-5385-5015
受付時間 平日9時30分~18時00分
定休日 土日祝
備考

その他の埼玉県の遺産相続に強い弁護士