全国対応相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化

弁護士法人ALG&Associates

  • 通話無料
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
弁護士法人ALG&Associates弁護士法人ALG&Associatesサムネイル0弁護士法人ALG&Associatesサムネイル1弁護士法人ALG&Associatesサムネイル2

取扱い可能な事案

  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

事務所概要

所在地
東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F最寄駅
対応エリア
全国対応

お電話受付窓口

0066-9687-7288

受付時間:平日9:30~20:00

料金体系

遺言作成、遺産分割など相続に関する弁護士の無料相談は行っておりません。
ご相談の受付対応は無料です。お気軽にお電話下さい。

「弁護士法人ALG&Associates」お電話受付窓口

現在10:28です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口0066-9687-7288
受付時間 平日9:30~20:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

東京本部のほか全国に8つの支部をもつ実績ある弁護士法人

クライアントの利益を守ることが弁護士の最も大切な責務

弁護士法人ALG&Associatesは、弁護士60名、スタッフ102名を擁する法律事務所として、東京本部をはじめ全国に8つの支部(埼玉、千葉、大阪、名古屋、宇都宮、横浜、姫路、福岡)を構えています。多くの法律相談に応えながら、依頼者の身近で起こる様々な問題解決に日々取り組んでいます。

弁護士は公平中立な立場というよりも、クライアントの利益を守ることが最も大切な責務と考えられています。そのため当事務所では常に相談者視点での対応を心がけ、各専門分野に精通した担当の弁護士が最善の解決策をご提案しながら、迅速かつ誠実な事件処理を重視して活動していきます。

取り扱いエリア 都道府県
関東地区 東京都 埼玉県 神奈川県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県
近畿地区 大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 和歌山県 滋賀県
東海地区 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県 長野県
九州地区 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県

相続の問題をできるだけ円滑に解決するために

相続には法定相続分による場合と遺言に基づく指定相続分がある

弁護士法人ALG&Associates

相続とは、亡くなった人の財産や権利、義務などを一定の家族や親族が継承する(引き継ぐ)ことを言います。相続は法定相続分による場合と遺言に基づく指定相続分による場合があり、遺言がある場合は遺言が優先されます。

相続は家や土地などの不動産、又は権利や金銭などの財産を受け継ぐだけではなく、借金などの負債も引き継ぐことになります。つまり、相続によって、価値ある財産(プラスの財産)を手に入れることもあれば、借金などの負債(マイナスの財産)を引き継ぐ場合もあるということです。対象となる財産は、土地や家などの不動産、預貯金、有価証券、絵画などの美術品、貴金属や自動車等のプラスの財産と住宅ローンや借金などのマイナスの財産と様々です。

残される家族のために、元気なうちから早めの相談を

先逝くあなたが、残される家族のためにしてあげられることは何でしょうか? それは、多くの遺産を遺してあげることだけではありません。亡くなった後に遺産をめぐって親族に争いが生まれることのないよう、あらかじめ準備をしておくことが大切です。

弁護士法人ALG&Associates

遺言の作成に始まり、 遺産分割協議の初めから弁護士が代理人となり、ご自身の希望を代弁してもらう…。 協議が整わない時に、遺産分割調停や審判において弁護士主導で手続を進めてもらう…。遺産分割に伴って発生する訴訟手続き(遺産の範囲の確認訴訟など)を弁護士に依頼する…など、さまざまな場面で、弁護士はあなたの力になります。

相続問題は感情のぶつかり合いになることが多く、一度こじれると長期化しがちです。だからこそ相続問題は、早め早めの対応が肝心。遺された人たちに無用な争いをさせないためにも、元気なうちに早めにご相談ください。私たち弁護士が依頼者の代理人となって寄り添い、最も良い解決策を迅速にご提案いたします。

トラブルになりやすい相続問題とその解決法とは

家族・親類との人間関係や財産状況によって解決方法は様々

相続に関する問題は、家族構成や親類構成、財産、遺書の有無、または人間関係によって原因も解決方法も様々です。その中でよくあるのは、「故人は○○には遺産を渡さないと言っていた」といった故人の意思を代弁し合う争いや、「もっと現金があったはずだ」といった遺産捜しの争い、葬儀費用や遺産管理費用の精算に関する争いです。遺言書がある場合でも遺留分が侵害されている場合、遺言の効力自体や遺産の範囲に争いがある場合など、争いが長引くことがあります。

故人の意思を代弁し合う争い~遺言書作成のすすめ
弁護士法人ALG&Associates

相続問題を扱っていると、よく「被相続人は相続人の〇〇だけには財産をあげたくないと言っていた」とか、「被相続人からは、私がよく世話をしてくれたから、他の相続人よりも多めに遺産を取りなさいと言われていた」といった主張が出てきます。しかし被相続人は既に亡くなっていますから、改めてその真意を確かめることができません。ただ現実には、相続人各々がこうした「故人の意思」を代弁し合い、相続手続きが複雑・長期化することが少なくないのです。

そこで被相続人になる方は、相続に反映させたいご自身の「意思」があるなら、必ず「遺言」を作成し、その意思を明確化させる必要があります。特に、法定相続分とは異なる遺産の分け方をさせたいと思っている場合には、単に分け方だけを遺言に記載するのではなく、なぜそういった分け方をしたのかといったことも記載しておく方が望ましいのです。

弁護士にきちんと相談した上で遺言を作成すると、当該事案ではどういったことに気を付けて分け方を決めるべきか、その理由についてどのような書き方をしたら良いのかを、将来の相続人間の紛争予防という観点からアドバイスを受けることができます。相続を「争族」としないために、遺言作成と弁護士の活用をお勧めします。

遺言書がない場合~任意交渉の段階から弁護士に相談を

遺言書がない場合には、法定相続分に従って遺産を分割することになります。この場合は「遺産分割協議」という話し合いによって遺産を分配することになります。

遺産分割協議の方法は3段階あります。

  1. 任意交渉
  2. 調停
  3. 審判

当事者間の話合い(任意交渉)でまとまらなければ裁判所に調停を起こし、それでもまとまらなければ裁判所の審判で分割の仕方を決めて貰うという流れになります。

相続問題では、しばしば、現実に紛争化したとき(具体的には調停や審判移行時)に弁護士に依頼しようとする方が多いのですが、相続問題を紛争化・長期化させないという観点からは、これは合理的ではありません。任意交渉の段階の対応こそが、こじらせないためには一番大切なのです。

任意交渉には、代理人の弁護士を立てて行う場合もありますし、弁護士等の専門家のアドバイスを受けながら、相続人本人が直接交渉をする場合もあります。任意交渉を始める段階から、弁護士のアドバイスを受けて進めることが最も合理的といえます。

弁護士法人ALG&Associatesからのアドバイス

親族間の紛争に発展した難しい問題も解決実績多数

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG&Associatesは東京を本部に全国7拠点に展開し、あらゆる法律問題にお応えする総合法律事務所です。個人もしくは少人数体制の弁護士事務所では、必要なときに連絡が取れなかったり、反応や返信が遅れがちのこともあるようです。弁護士が相続以外の複数の法律相談案件を多数抱えていることも多く、小回りが効かないことが多々あります。

その点、弁護士法人ALG&Associatesでは、遺言・遺産相続に注力する経験豊富な弁護士が多数在籍し、親族間の紛争に発展してしまった難しい問題についても、相談者の立場にたって可能な限り円滑な問題解決を実現していきます。まずは無料の相談フォームやフリーダイヤルから当弁護士法人にお気軽にお問い合わせ下さい。

所属弁護士について

東京本部

佐久間先生1 パートナー弁護士 佐久間 明彦 (サクマ アキヒコ)
出身地:福島県郡山市
所属弁護士会:東京弁護士会
出身大学:東北大学工学部材料物性学科卒業 同大学院工学研究科博士前期課程修了

埼玉支部

那賀島先生

埼玉支部長 弁護士  那賀島 八起 (ナカジマ ヤオキ)
所属弁護士会:埼玉弁護士会
出身大学:獨協大学、獨協大学法科大学院
メッセージ:時代の変化に対応できないために御依頼者様にデメリットをもたらす(=役に立たない)弁護士にならないよう、常に自戒しています。知識を貪欲に吸収し、真摯かつ謙虚に事件と向き合い、御依頼者様にとって最善の解決を図ることが、私の弁護士としての使命だと思っています。“クレーバーに状況を把握し、パワフルに問題解決を図ることができる、役に立つ弁護士でありたい”という想いのもと日々精進してまいります。

千葉支部

千葉支部長 千葉支部長 弁護士 金﨑 美代子(カネザキ ミヨコ)
所属弁護士会:千葉弁護士会
出身大学:筑波大学 第二学群日本語日本文化学類、慶應義塾大学法科大学院法務研究科 法務博士、チュラロンコーン大学ロースクール LLM(法学修士)、順天堂大学大学院医学研究科医学専攻(博士課程)在籍中

宇都宮支部

山本先生1 宇都宮支部長 弁護士 山本 祐輔 (ヤマモト ユウスケ)
出身地:大阪府
所属弁護士会:栃木県弁護士会
出身大学:香川大学 法学部 近畿大学法科大学院


横浜支部

豊田先生1 横浜支部長 弁護士 豊田 進士 (トヨダ シンシ)
出身地:栃木県
所属弁護士会:横浜弁護士会
出身大学:中央大学 法学部 明治大学法科大学院


名古屋支部

谷川先生 名古屋支部長 弁護士 谷川 聖治(タニカワ セイジ)
所属弁護士会:愛知県弁護士会
出身大学:神戸大学 法学部、京都大学 法科大学院
メッセージ:相談に来られる方は、漠然と悩み苦しんでいる方がほとんどだと思います。その苦しみを解消する一助となり、相談者が帰られる際には、晴れやかな気分となるよう心がけております。

大阪支部

長田先生1 大阪支部長 弁護士 長田 弘樹 (ナガタ ヒロキ)
出身地:大阪府
所属弁護士会:大阪弁護士会
出身大学:神戸大学経済学部 九州大学法科大学院


姫路支部

西谷先生

姫路支部長 弁護士 西谷 剛 (ニシタニ ツヨシ)
所属弁護士会:兵庫県弁護士会
出身大学:神戸学院大学法学部 大阪学院大学法科大学院
メッセージ:私は、皆さんに、一人で悩まないで、一日でも早く相談しに来て、楽になって欲しいと思います。「善は急げ!」です。私は、あなたの悩みを適切に解決することができるよう、そして、一人でも多くの方の助けになることができるよう、日々努力しながらお待ちしています。

福岡支部

今西先生1 福岡支部長 弁護士 今西 眞 (イマニシ マコト)
出身地:奈良県
所属弁護士会:福岡県弁護士会
出身大学:同志社大学法学部 関西大学法科大学院

アクセス

東京メトロ丸ノ内線 『西新宿駅』―2番出口から徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線/都営大江戸線 『中野坂上駅』―1番出口から徒歩7分
都営大江戸線 『西新宿五丁目駅』―A1出口から徒歩8分
都営大江戸線 『都庁前駅』―A5出口から徒歩7分

東京都新宿区西新宿6-22-1

事務所概要

事務所名 弁護士法人ALG&Associates
代表者 金﨑 浩之(かねざき ひろゆき)
片山 雅也(かたやま まさや)
住所 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F
電話番号 0066-9687-7288
営業時間 平日9:30~20:00
定休日 土日祝
備考
  • 東京本部
    東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F
  • 埼玉支部
    埼玉県さいたま市大宮区宮町2-25 イーストゲート大宮ビルB館4階
  • 千葉支部
    千葉県千葉市中央区中央3-3-1 フジモト第一生命ビルディング8階
  • 大阪支部
    大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビルディング801
  • 名古屋支部
    愛知県名古屋市中区錦1-4-6 三井生命名古屋ビル10階
  • 宇都宮支部
    栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル9階
  • 横浜支部
    神奈川県横浜市神奈川区栄町5番地1号 横浜クリエーションスクエア15階 1503号室
  • 姫路支部
    兵庫県姫路市東延末3丁目12番地 姫路白鷺ビル301号
  • 福岡支部
    福岡県福岡市中央区天神 1-1-1 アクロス福岡 4F
弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7288
受付時間
平日9:30~20:00

現在10:28です。お気軽にお電話ください。

住所
東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP