関東“おせっかい”な法律の専門家として、 依頼者の人生をサポート

弁護士法人 淡路町ドリーム

弁護士法人 淡路町ドリーム弁護士法人 淡路町ドリームサムネイル0弁護士法人 淡路町ドリームサムネイル1弁護士法人 淡路町ドリームサムネイル2

取扱い可能な事案

  • 相続全般複雑ケースも対応可
  • 使い込み遺産の使い込み解決
  • 遺産分割全員納得の遺産分割
  • 遺言作成正しい遺言書の作成
  • 相続放棄放棄を含めたご相談
  • 相続税節税のご相談や納税
  • 初回無料初めての相談無料
  • 夜間対応24時間電話応対
  • 土日対応土日も電話受付

お電話受付窓口

0066-9687-7846
受付時間毎日9:00~20:00

料金体系

初回法律相談は1時間無料です。
費用については、相談時に丁寧にご説明し、お見積もり致します。お支払い方法についても柔軟に対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談く ださい。

「弁護士法人 淡路町ドリーム」お電話受付窓口

現在23:28。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

お電話での受付窓口0066-9687-7846
受付時間 毎日9:00~20:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

7名の弁護士が所属する法律のスペシャリスト集団

受付は24時間、営業は平日20時まで。土日祝日も相談可

弁護士法人淡路町ドリームは7名の弁護士が所属する法律のスペシャリスト集団です。事務所は東京メトロ丸の内線「淡路町」駅より徒歩1分、都営地下鉄新宿線「小川町」駅より徒歩1分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩3分と交通アクセスが便利。都内はもちろん、埼玉県・千葉県・神奈川県からも数多くの相談が寄せられています。

初回相談は無料(1時間)なので、お気軽にご相談ください。平日は9時から20時まで営業しており、土日・祝日のご相談も可能です。

依頼者に考えるポイントを整理して伝える

淡路町ドリーム法律事務所様 お写真追加 (3)

遺産相続を巡り、いったんトラブルが生じるとなかなか解決の糸口はみつかりません。場合によっては、その後のあなたの人生にも大きな影響を及ぼしかねない事態にまで発展します。そうした問題が起こる前に、あるいは万が一トラブルになってしまった場合には速やかに対処する必要があります。大切なのは、今後の家族や親族との関係性を考慮したうえで、どのような方針に基づいて遺産相続問題を進めていくのか。当事務所では、依頼者ご自身がその答えを導き出せるようポイントを整理し、わかりやすくお伝えします。

弁護士は法律の専門家としてテクニカルな面をサポートする役割を担います。とはいえ、依頼者のご要望通りにそのまま応えることが「本当に役立つこと」につながるとは限りません。依頼者にとって、何が真の利益になるのかを真剣に考え、おせっかいを焼きながら全力でサポートします。

遺産分割のトラブルが生まれる理由とは

均等な分配に対する不満-法律と意識のギャップ

法律では子どもの均等な遺産相続が定められています。そのため「均等な分配に納得いかない」と考える人がいると、争いが起きてしまうのです。ここからは、よくある3つのトラブルについて解説していきましょう。

1)他の兄弟姉妹が親の生前に多額の援助を受けていたら

遺産の前渡し(特別受益)として、相続財産からさしひくケースも

親(被相続人)の生前から多額の援助を受けていた子ども(相続人)がいた場合、他の兄弟姉妹は均等に遺産を相続しなければならないのでしょうか?答えはケースバイケース。相続前に利益を得ていたことを証明できるかどうかによって変わります。

もしも生前にもらっていた財産を「特別受益」として立証できれば、遺産の前渡しと判断してその金額をさしひくことができます。もちろん「あのときに援助を受けていた」という記憶ではなく、具体的な記録が必要です。まずは弁護士に相談して、必要な資料や今後の見通しなどを確認しましょう。

2)子どもが親と同居して、亡くなるまで面倒をみていたら

財産の維持や増加に寄与しなければ、遺産分割に考慮されない

「親の面倒をみていたのだから、遺産を多めにほしい」。亡くなった親と同居していた兄弟姉妹から、こんな主張をされることがあります。しかし、法的には遺産分割に反映されるケースは限定的。通常程度の看護や介護は、一般的な扶養義務の範囲と判断されます。

法律では“財産の維持または増加に寄与”しなければ、法定相続分への上乗せ(寄与分)は認められません。具体的には、親の家業を手伝って売上アップに多大な貢献を果たしたり、24時間体制で介護をしていたり(介護費用の支出を防いで財産を維持)した必要があります。

「寄与分」にフォーカスした調停・審判を検討

こういった寄与分をめぐる争いは後を絶たないため、「遺産分割」の調停・審判とは別に「寄与分を定める処分」の調停・審判制度が設けられています。今後の人間関係もふまえて、どこまで争うのか。基本的な方針を立てたうえで、活用を検討してください。

3)遺言書に「〇〇に全財産を相続させる」と記されていたら

「遺留分」の権利を主張すれば、一定割合の遺産を相続できる

遺言書に「すべての財産を長男に相続させる」と記されていた場合、他の兄弟姉妹は何ももらえないのでしょうか? 決してそんなことはありません。「遺留分」という権利を主張すれば、一定割合(法定相続分の1/2、または1/3)の遺産を受け取ることができます。

ただし、正確な遺留分を計算するための財産評価は非常に複雑です。また、大半の請求手続きが裁判に発展するので、弁護士のサポートを受けることをおすすめします。なお、遺留分の減殺請求権は1年以内に行使しないと消滅するので、注意してください。

争いを生まない遺言書を作るために

遺言にこめた想いを家族に伝えて、理解を得ておく

遺言書の作成において重要なポイントは2つあります。ひとつは家族(将来の相続人)と話しあって、内容を調整すること。特定の相続人を優遇したい場合などは、その想いを伝えて家族の理解を得ておきましょう。当事務所はコミュニケーションの方法や遺留分への配慮など、争いを生まないための遺言作成をサポートしています。

もうひとつのポイントは、確実な遺言を作ること。テレビ番組で「こんな遺言は有効なのか?」といったクイズが出題されるほど、遺言の形式的な要件は複雑です。そのため、無効になる可能性が極めて低い「※公正証書遺言」を作成したほうがいいでしょう。

※遺言者が口述した遺言の内容をもとに公証人が作成する遺言書。公正証書は公文書のため、自筆の遺言よりも証明力が高い。また、遺言書の原本が公証役場に保管されるので、紛失・偽造などのおそれもない。

税理士や司法書士と連携して、相続対策をトータルサポート

遺言の作成は相続対策のひとつです。生前贈与や信託など、あなたの意思で財産を渡す手法は他にもあります。とはいえ、どの手法をどう使うべきなのかは難しいもの。そこで当事務所は税理士や司法書士といった各分野の専門家と連携し、総合的な相続対策をサポートしています。

弁護士法人 淡路町ドリームからのアドバイス

「相続財産」「相続人」「遺言」などの基本的な情報を把握する

まずは相続に関する基本的な情報をつかむことが大切です。どんな相続財産があって、誰が管理しているのか。不動産ならば登記簿謄本、預貯金ならば残高証明書を調べましょう。相続問題の解決はそこから始まります。

その他にも「相続人は誰なのか」「遺言はあるのか」といった事実の認識が誤っているケースも少なくありません。無用なトラブルを防ぐためにも、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

所属弁護士

松江 仁美(まつえ ひとみ)

松江 仁美
登録番号 No.23169
所属弁護士会 東京弁護士会

松江 頼篤(まつえ よりあつ)

松江 頼篤(まつえ よりあつ)先生
登録番号 No.20656
所属弁護士会 東京弁護士会

入江 秀子 (いりえ ひでこ)

入江 秀子 (いりえ ひでこ)先生
登録番号 No.44065
所属弁護士会 東京弁護士会

氏家 大輔(うじいえ だいすけ)

氏家大輔
登録番号 No.45208
所属弁護士会 東京弁護士会

清水 理聖(しみず りせい)

清水理聖
登録番号 No.49857
所属弁護士会 東京弁護士会

三好 涼子 (みよし りょうこ)

三好 涼子 (みよし りょうこ)先生
登録番号 No.39223
所属弁護士会 東京弁護士会

山下 洋美 (やました ひろみ)

山下洋美先生
登録番号 No.51855
所属弁護士会 東京弁護士会

アクセス

東京メトロ丸の内線 淡路町駅よりお越しの方:A3・A5出口より徒歩1分
都営地下鉄新宿線 小川町駅よりお越しの方:A3出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅よりお越しの方:B4出口より徒歩3分
JR 御茶ノ水駅よりお越しの方:「聖橋口」出口より徒歩12分
JR 神田駅よりお越しの方:北口改札より徒歩10分

東京都千代田区神田淡路町1丁目2 クリスタルビル3F

事務所概要

事務所名 弁護士法人 淡路町ドリーム
代表者 松江 仁美
住所 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1丁目2 クリスタルビル3F 4F・受付8F
電話番号 0066-9687-7846
営業時間 毎日9:00~20:00
定休日 なし
備考
弁護士法人 淡路町ドリーム
弁護士法人 淡路町ドリーム
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7846
受付時間
毎日9:00~20:00

現在23:28。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1丁目2 クリスタルビル3F 4F・受付8F
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP