40 年のキャリアを活かし、 あらゆる相続問題を柔軟な思考で解決

フェアネス法律事務所(牧野茂弁護士)

  • フェアネス法律事務所(牧野茂弁護士)
  • フェアネス法律事務所(牧野茂弁護士)サムネイル0
  • フェアネス法律事務所(牧野茂弁護士)サムネイル1
事務所名 フェアネス法律事務所(牧野茂弁護士)
電話番号 050-5385-4935
受付時間 平日9:00〜18:00
定休日 土日祝
住所 〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階
アクセス方法 東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅から徒歩0分
  • 電話受付可能
取り扱い可能な事案
  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

フェアネス法律事務所(牧野茂弁護士)の強みと特徴

総勢20名以上の弁護士が在籍する安心の環境

想いを受け止め、依頼者の最善の利益を目指します

東京・霞が関にある「フェアネス法律事務所」に所属する弁護士の牧野茂です。当事務所は東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅から徒歩0分のアクセス至便な場所にあります。そのなかで当職は遺産相続の問題に注力し、豊富な実績を重ねてきました。

私たちの事務所は、「弁護士法人フェアネス法律事務所」と合わせて総勢20名以上の弁護士が在籍しており、複数の弁護士でチームを組んでのご対応も可能です。案件の規模を問わず、あらゆる相談に乗ることができます(電話相談は無料・面談相談は有料。なお依頼いただいた場合、相談料はいただきません)。

相続の問題は、財産に関することであると同時に、ご家族間の感情対立まで招きやすい問題です。そのため当職は、相談者のお話を十分にお聴きし、ご家族や親族の関係性が悪くならないよう気持ちの面までしっかりと汲み取るよう配慮しています。

当事者同士の話し合いでは解決は難しい…

法律のプロである弁護士のサポートが欠かせない

ひとことで相続と言っても、誰が相続人なのか、相続人はどれだけ遺産を受け取ることができるのか、遺産分割をするための会議に必要なものは何か…など、たくさんの法律問題があります。特に遺産分割の局面では、相続人から様々な主張が出てきて、当事者同士の話し合いでは着地点が見つからないことも少なくありません。

また、遺産相続になると、民法をはじめとする法律の知識が必要になってきます。相続した土地などの不動産の所有権移転登記申請などの事務処理的な手続きや、遺留分侵害額請求、相続放棄の限定承認など、複雑な手続きは慣れない人がほとんどです。こうしたとき、相続問題における法律のプロである弁護士のサポートが欠かせないといえます。

約40年の弁護士キャリアがもたらす安心感

当職はこれまで40年の弁護士キャリアをもち、あらゆる相続問題の解決にきわめて豊富な実績を有しています。遺産分割協議における紛争解決はもちろん、相続前の紛争予防のご相談、遺産分割協議を円満に進めるためのサポートなど、様々な相談に乗ることができます。

相続に関して疑問が生じたり、何かの不安がある場合には、ぜひ一度ご相談ください。これまで培った確かなノウハウを活かし、依頼者にとっての最善の解決を目指してまいります。

遺産分割協議では早期に弁護士が入ることが肝要

遺産分割の紛争解決は弁護士の経験が強く求められる

相続のあと、遺言書の無い場合は相続人間で遺産分割協議を行うことになりますが、様々な争いやトラブルが生じがちです。たとえば親と同居して財産を管理していた相続人が、その多くを隠して出してこなかったり、勝手に使い込んだ疑いがあるケースなどがあります。また遺産分割で対立する相手側が、グループを作って対峙してくる場合など、難しい問題に発展することも少なくありません。

こうしたときは、早期に弁護士が入り、財産の内容や流れを明らかにしたり、依頼者の劣勢を跳ね返すべく交渉にあたることが必要です。遺産分割の紛争の中身は十人十色で、一つとして同じものはなく、感情のもつれも相まって複雑になることが多々あります。それだけに、弁護士としての経験が非常に求められる法律分野であることは確かで、その意味でも当職は、安心してお任せいただけるだけのキャリアを有しています。

状況に見合った柔軟な方法で協議をサポート

調停では「調停委員をいかに味方につけられるか」

これまで当職は、遺産分割協議を紛争化させず、早期にまとめた事例も数多く経験しています。弁護士が最初から協議の前面に出て、代理人として交渉したほうが良いケースもありますし、後方的な支援にとどめつつ、協議の状況を見ながら前に出ていく…といった方法など様々です。臨機応変かつ柔軟なスタンスで、できるだけ早期の解決を目指していきます。

また、遺産分割協議で合意に至らない場合には、裁判所に遺産分割調停を申立て、調停委員を間にはさんでの話し合いを行うことになります。その場合、調停委員をいかに味方につけられるかがポイントです。調停委員のタイプを見極め、意見を上手に聞き入れつつも、こちらの主張を効果的にぶつけていきます。そのあたりの良い意味での「戦術」は、これまでの弁護士キャリアの成せる業だと思います。

不動産を含む遺産分割に確かなノウハウ

当職は不動産の絡む遺産分割にも確かなノウハウがあり、依頼者の方の最大メリットにつながるような解決を図ることができます。とくに不動産を売却して金銭で分ける「換価分割」の場合は、連携する信頼できる不動産業者がありますから、できるだけ高く売却して分割していくことが可能です。

ほかにも司法書士や税理士との連携を通じ、不動産登記や相続税が生じた場合にもスムーズに対応いたします。相続に関するあらゆるご相談をワンストップに近い形でお受けしていきますので、どうぞ安心してお任せください。

遺言書が原因でトラブルになっては本末転倒

遺言書の中身についても有益なアドバイスをご提供

また相続前の紛争防止の対策として重要なのが、遺言書の作成です。遺言書は言うまでもなく、残された財産をどう分けるかについて、被相続人の遺志を示す大切なものです。争いやトラブルにならないために遺すのが遺言書でもあるわけですが、なかには遺言内容が原因で相続後に争いが生じる場合もあり得ます。

当職は、被相続人の想いを確認し尊重するのはもちろんですが、その上で、いかにトラブルにならないかを検討しながらアドバイスしていきます。特に、特定の相続人が明らかに不利になるような遺言内容の場合だと、「遺留分」の問題も生じかねません。こうした点を踏まえ、遺言書の中身についてもあらゆる角度から有益なアドバイスをご提供します。

遺言書は公正証書遺言をおすすめしています。自筆証書遺言よりも安全・安心で、後になって遺言無効などの主張がされにくいという安心感も得られます。あくまでも依頼者の方のご要望に応えるなかで、遺言書作成および遺言執行者の就任も含め、最後まで丁寧にサポートしてまいります。

牧野茂弁護士(フェアネス法律事務所)からのアドバイス

ご自身だけで抱え込んでしまわずに、早めに相談ください

もしも相続問題で悩みや不安が生じたら、ご自身で抱えまずに、早めに弁護士に相談してみてください。お一人で考えていても、なかなか出口は見つからないと思います。相談だけでも解決への糸口が見つかることが多々ありますから、確かな経験をもつ弁護士を頼ってみることをおすすめします。

所属弁護士

牧野 茂(まきの しげる)

牧野 茂(まきの しげる)

登録番号 No.17922
所属弁護士会 第二東京弁護士会

弁護士費用

相談料 30分5,500円(税込)
着手金 22万円〜55万円(税込)
報酬金 事案に応じて個別に決定いたします。詳細は弁護士にご確認ください。
遺言書作成 1通当たり11万円
相続放棄 11万円〜16.5万円(税込)
※二人目以降は適宜割引がございます。詳細は弁護士にご確認ください。

アクセス

東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階

〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階

事務所概要

事務所名 フェアネス法律事務所(牧野茂弁護士)
代表者
住所 〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階
電話番号 050-5385-4935
受付時間 平日9:00〜18:00
定休日 土日祝
備考

その他の東京都の遺産相続に強い弁護士