話を丁寧に聞き、依頼者の 最も望ましい解決に向けて動きます

池袋副都心法律事務所

  • 池袋副都心法律事務所
  • 池袋副都心法律事務所サムネイル0
  • 池袋副都心法律事務所サムネイル1
事務所名 池袋副都心法律事務所
電話番号 050-5385-4930
受付時間 平日9:00〜22:00 / 土日祝10:00〜18:00
定休日 不定休
住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12大地屋ビル6階
アクセス方法 JR池袋駅西口から徒歩4分
東京メトロ池袋駅から徒歩1分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付可能
  • 土日電話受付可能
取り扱い可能な事案
  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税
メール受付はこちら

池袋副都心法律事務所の強みと特徴

あらゆる相続問題に確かな解決ノウハウ

ご要望を丁寧に聞き、最善の解決を目指す

池袋副都心法律事務所は、JR池袋駅西口から徒歩4分、東京メトロ池袋駅から徒歩1分のアクセス便利な法律事務所です。代表弁護士の関根翔がこれまで相続分野に確かな実績を有しており、遺産分割の紛争解決や相続放棄、遺留分への対応、遺言書の作成に至るまで、様々な相続問題を手掛けています。

当事務所ではご相談の際、まずは依頼者の方から話を丁寧に聞き取ることを第一に考えています。そしてお聞きした内容から、依頼者にとって最も望ましい方針を立て、立てた方針に基づいて迅速に行動することを重視しています。

依頼者の話からどのような解決策がもっとも望ましいか、その結果を導くためにはどのような方法を選択するべきかを理論的に細かく検討。その上で、今後の見通しや今後どのような手続きを取るべきか、どのように行動していくことが良いのかを丁寧にご説明し、スピーディーに活動いたします。

池袋副都心法律事務所の基本スタンスは?

難しい法律用語は避け、分かりやすい言葉でご説明

相続問題のご相談は、相談者の方が高齢である場合も多く、いっそう分かりやすい説明を心がけることが大切になります。難しい法律用語はできるだけ避け、依頼者の目線でお話しさせていただきます。

これまでの長年の家族や親族との感情的なあつれきが背景にあることも、相続ならではの特徴の一つです。それだけに、単に法律論で物事をはかるのではなく、お気持ちや心情の部分まで想いを馳せることが大事になります。

相続人および財産内容の確定を慎重に行う

また遺産分割の前提として、相続人の確定および、相続財産の確定を慎重に行う必要があります。なかには、親と同居していた相続人が、財産を抱え込んで開示してくれないケースもあります。また、財産を勝手に使い込んでいるような場合もありますから、早めに弁護士に相談いただき、しかるべき調査を経る必要があります。

さらに相続においては、複雑な計算や膨大な書面作成、さまざまな局面での証拠の収集、多岐に渡る争点の検討が必要となることがあります。こうした点からも、とくに遺産分割の際にご自身だけで対処するのはリスクが大きく、予期しなかった不利益を被る可能性があります。

相続の発生後、もしも遺産分割において紛争が生じる懸念がありましたら、まずは一度当事務所までご相談いただければと思います。

遺産相続でトラブルになるのはどんなとき?

遺産分割の際に相続人間で話がまとまらない…など

では、相続問題で紛争やトラブルになりがちな事案として、どのようなケースがあるでしょうか。たとえば以下のような状況に直面された場合は、弁護士に相談したほうが良いでしょう。

  • 遺言書がないため、遺産分割協議が必要となったが、相続人間で話がまとまらない。
  • 遺言書が存在するが、自分に余りに不利な内容であるばかりか、親の認知症が進行した状態で作成されたものであり、無効ではないか。
  • 遺言書が存在するが、自分に余りに不利な内容であり、相続に対する期待が侵害されている。遺産をもっと取得することはできないか。  …etc.

やみくもに協議で時間をかけず、遺産分割調停へ

遺産分割においては、最初に相続人同士で話し合うことになりますが、相続人から様々な主張がなされ、遺産分割が合意に至らないケースがあります。このような場合、このまま当事者同士での話し合いに委ね続けても、感情的な争いに発展し、問題がこじれ解決への糸口が見いだせなくなってしまう可能性があります。

このような場合、やみくもに協議に時間をかけるのではなく、裁判所に「遺産分割調停」を申し立て、専門知識を持った第三者のもとで解決をはかっていく方法が有効と思われます。ただし、相続問題に経験の乏しい弁護士や、手間を惜しむような弁護士ですと、事前の計画や準備が不十分となり、いつまでも事件が解決しないという事態に陥ることも少なくありません。

そのため、遺産分割協議や同調停においては、相続分野に確かな経験・実績をもつ弁護士に依頼するのがよろしいかと思います。その点、当事務所の弁護士はこれまで相続問題を注力分野の一つとして豊富な実績がありますので安心してお任せいただけます。

依頼者にとっての納得の解決を目指します

弁護士のサポートを受けることで、経済的利益の増大をはじめ、依頼者にとって納得のいく解決をはかることが期待できます。まずは当事務所に相談いただき、今後どのように相手方との話し合いを進めていくか、または裁判所を通じた解決法にすべきかを一緒に検討していきましょう。

「遺留分」を侵害されたときは…

「遺留分侵害額請求」で該当する相続分を受け取れる

遺産相続には「遺留分」というものがあることをご存知でしょうか。たとえば遺言書の中で、自分だけが相続の対象から外されていたような場合…。民法では、一定の相続人に、遺言書の内容にも左右されない相続分があることを規定しており、これを遺留分といいます。

もしも遺留分を侵害する遺言書の内容であったなら、「遺留分侵害請求」を行い該当の相続分を受け取ることができます。このとき、請求できる金額を増額させるためには、複雑な計算と法理論の理解、その立証活動が必要となりますので、お早めに弁護士にご相談ください。

最初から最後まで弁護士が責任をもって対応

綿密な計画を立て、最善の解決に向けて迅速に動く

相続に関する問題は、不動産などの高額な財産が絡んだり、複雑な法理論が含まれることが多々あります。複雑な問題が生じる相続分野だけに、弁護士自身がご相談内容のすべてを把握しておく必要がありますが、なかには事件処理の重要部分を事務員に任せ事案の把握が不十分になる事務所もあるようです。

当事務所では、最初から最後まで弁護士自身がすべての事件処理を行い、綿密な計画を立て迅速に行動いたしますので安心してご相談ください。

池袋副都心法律事務所からのアドバイス

家族間に深刻なあつれきが生じないように一度相談を

相続に関する問題は、法理論が複雑であるばかりか、大きな財産に関わるものであることから、お早めに弁護士に相談されることをおすすめします。

ご自身で対応することで、大きな精神的ストレスを抱えることにもなりかねません。法的知識に欠けたまま相続争いを続けることによって、家族・親族間に深刻なあつれきが生じてしまうこともありますので、早い段階で弁護士にご相談いただければと思います。

所属弁護士

関根 翔(せきね しょう)

登録番号 No.47966
所属弁護士会 東京弁護士会

弁護士費用

相談料 初回相談30分無料
以降30分5,500円(税込)
着手金 交渉:22万円(税込)
調停:22万円(税込)
審判(一審):22万円(税込)
報酬金 個別にお見積もりいたします。詳しくは弁護士にご相談ください。
遺言書作成 11万円~(税込)
遺留分侵害額請求 ●着手金
交渉:22万円(税込)
訴訟:33万円(税込)
300万円まで:17.6%(税込)
300万円以上:11%(税込)
相続人調査 11万円~(税込)
相続財産調査 11万円~(税込)
相続登記 11万円~(税込)
遺産分割 ●着手金
交渉:22万円(税込)
調停:22万円(税込)
審判:22万円(税込)
●成功報酬
個別にお見積もりいたします。詳しくは弁護士にご相談ください。
相続放棄 11万円~(税込)

アクセス

東京都豊島区西池袋3-29-12大地屋ビル6階

〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12大地屋ビル6階

事務所概要

事務所名 池袋副都心法律事務所
代表者 関根 翔
住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12大地屋ビル6階
電話番号 050-5385-4930
受付時間 平日9:00〜22:00 / 土日祝10:00〜18:00
定休日 不定休
備考
メール受付はこちら

その他の東京都の遺産相続に強い弁護士