東京・神奈川若手弁護士が依頼者と一体となり 円満解決を目指します

町田神永法律事務所

  • 通話無料
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
町田神永法律事務所町田神永法律事務所サムネイル0町田神永法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

事務所概要

所在地
〒194-0022 東京都町田市森野1丁目35番7号 T町田ビル3階C室最寄駅
対応エリア
東京・神奈川

お電話受付窓口

0066-9687-7719

受付時間:毎日8:00~22:00

料金体系

初回の法律相談は無料です。
費用は、事案の難易度に応じて決定いたしますが、ご来所の際にしっかりと明示いたします。 事案により、初期費用を完全無料にすることもできます。
まずは、無料相談をご利用ください。

「町田神永法律事務所」お電話受付窓口

現在17:41です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口0066-9687-7719
受付時間 毎日8:00~22:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

親身な姿勢で相談しやすい若手弁護士

依頼者の希望を最優先に進めます

町田神永法律事務所は、町田駅から徒歩5分の距離にある、神永矩誠の個人事務所です。町田市を中心に東京、神奈川のご依頼を受けています。若く話しやすい雰囲気のある弁護士ですので、重厚な弁護士には聞きにくい初歩的な質問なども、気軽に尋ねることができます。依頼者とは緊密に連絡を取り合い、現在状況をその都度確認できます。

遺産相続とは法的に関係のない分野でも、出来る限りお手伝い致します。たとえば、銀行への連絡、書類の取り付け方の指導、提携税理士、司法書士の紹介等を行えます。初回相談無料ですので、まずはご相談ください。60分ほど腰を据えてお話できます。

遺産相続では円満解決を目指します

言葉遣いやタイミングに配慮!いたずらに紛争を起こしません

相続問題では、大半の方がお金の問題だけじゃなく人間関係も気にしています。依頼者にとって一番重要なことは何か、依頼者の望む結論を見据えて、解決策を模索します。弁護士介入により紛争が激化する懸念がある場合は、裏で文書作成等をサポートし、当事者間の空気を見計らって登場するなど、柔軟に対応致します。

話を聞くことが最優先!情報収集が円満解決の鍵

kaminaganoriaki4

法律的な話をする前に、各相続人にお互いの不満について話を聞きます。不満の原因を無視して法律的な話をしても、感情的に拒絶されてしまいます。よく話を聞いてみると、勘違いや行き違いにより複雑化している場合も多いです。たとえば、同じミカンを取り合っていても、兄はミカンの皮(不動産)が欲しくて、弟はミカンの中身(現金)が欲しいだけなのに、仲が悪くてそこまで話が進まなかったという場合もあります。

前事務所での経験を生かして活動

最近は少しずつ遺言書の作成依頼が増えてきましたが、亡くなった後の紛争の方が圧倒的に多いです。当弁護士も遺産分割の話し合いから裁判まで、様々な案件を取り扱ってきました。当事務所は設立して間もないですが、前事務所(草薙一郎法律事務所)での実務経験がありますので、安心してご依頼いただけます。

遺産相続にトラブルはつきもの!交渉と法律の両面から解決を試み

お世話をした人は多めに貰える?

被相続人の看護や家事従事だけですと、法的な「寄与分」は認められにくいです。ただし、交渉で他の相続人に納得してもらえば、少し多めに貰うことも可能です。「あの土地はあなたにあげる」と口約束した場合も、約束の証拠がなければ法的主張は難しいですが、被相続人の面倒を見ていた場合は、寄与分と関連付けて相手方に主張することで、結果的に取り分が多くなることもあります。

財産の使い込みの解決策とは?

被相続人の財産が使い込まれている可能性がある場合、当事者間で話し合ってもまとまりにくいですが、弁護士が介入すれば、入出金の履歴からお金の出所を特定し、双方に対して法的な問題点を説明できます。生前の使い込みを証明出来ない場合なども、弁護士が間に入ることで、話し合いで妥結しやすくなります。

養子縁組による相続トラブル

認知症の祖母にいつの間にか養子が付いていて、法定相続分が変化したという事例があります。祖母には2人の実子(長男・次男)がおりますが、次男が自分の子どもを祖母の養子にしてしまい、本来2人で祖母の遺産を分割するところが、養子を含んだ3人で分割することとなりました。次男一家全体で見ると3分の2を相続することになるので、長男側は「遺産目的の養子縁組」であると主張し、養子縁組の無効を争いました。この場合、祖母の認知症の程度が問題になります。

遺留分の減殺請求で財産を保護

遺言書によって特定の人に財産が渡ってしまった場合でも、遺留分の減殺請求を行えば、一定の財産を相続することができます。土地や建物があると計算が複雑になりますので、弁護士に依頼した方がよいでしょう。請求期限を過ぎてしまった場合も、話し合いにより、解決金として一部支払ってもらえる可能性があります。

相続放棄は時間の制約もある

相続放棄は3ヶ月以内にしないといけません。自分で戸籍の取得手続きを行うと、市役所の対応などで嫌な思いをすることもあります。借金の調査もしなくてはならず、時間も手間もかかります。弁護士に依頼すると、少ない費用で早く正確に手続きできます。

被相続人の想いを伝える遺言書とは?

弁護士視点で「実現性」が高くなる

ネットなどで調べて遺言書を作成する方もおりますが、形式に一部間違いがあるとすべて無効になってしまいます。また、色々解釈出来てしまう内容ですと、解釈を巡ってトラブルになります。遺留分を侵害する内容でも、書いた本人が気付いていない場合もあります。想いを形にするのは、簡単なことではありません。当事務所では、依頼者の気持ちをじっくり聞いて、願いを実現するための分け方についてアドバイスします。

生前の相続税対策も一緒に進める

遺言書を作成する際に、相続税対策も行った方がよいでしょう。財産の相続には税金がかかりますので、一部生前贈与するなどして節税を行います。財産の内容によってやり方も変わりますので、提携税理士と具体的に話し合ってもらい、一緒に話を進めてゆきます。

遺産相続には思いもよらない罠がある?

弁護士に相談して1つずつ問題を解決しましょう

遺産分割は一見すると簡単そうですが、一歩間違えると財産を失い、人間関係を破壊するリスクを含んでいます。「税理士に言われて内容を確認せずに判子を押したら、遺産分割協議書だった」という事例も過去に起きていますので、自分で出来ると過信せず、弁護士に相談した方がよいでしょう。

弁護士への相談と依頼は別物ですので、相談だけでも大丈夫です。相談だけでも、遺産相続に関する基本的な知識が身に付き、今後の流れを把握することができます。当事務所では、相談者の情報をもとに最終的な落としどころを提示して、そこからやるべきことを逆算、提案します。困った時の道標として、いつでもお声掛けください。

所属弁護士

神永 矩誠(かみなが のりあき)

kaminaganoriaki
登録番号 No.45146
所属弁護士会 東京弁護士会

アクセス

町田駅より徒歩7分

東京都町田市森野1丁目35番7号

事務所概要

事務所名 町田神永法律事務所
代表者 神永 矩誠
住所 〒194-0022 東京都町田市森野1丁目35番7号 T町田ビル3階C室
電話番号 0066-9687-7719
営業時間 毎日8:00~22:00
定休日 不定休
備考 土日夜間相談可能
町田神永法律事務所
町田神永法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7719
受付時間
毎日8:00~22:00

現在17:41です。お気軽にお電話ください。

住所
〒194-0022 東京都町田市森野1丁目35番7号 T町田ビル3階C室
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP