山形女性弁護士が親身に対応。 細やかな気配りを大切にしています

宇野和娘法律事務所

  • 通話無料
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
宇野和娘法律事務所

取扱い可能な事案

  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

事務所概要

所在地
〒990-0047 山形県山形市旅篭町2丁目2-26 庄司ビル5階最寄駅
対応エリア
山形

お電話受付窓口

0066-9687-7989

受付時間:平日 9:00〜17:00

料金体系

初回のご相談は無料です。
ご依頼いただく際には、詳細のお見積もりをお伝えいたしますので、お気軽にご相談下さい。

「宇野和娘法律事務所」お電話受付窓口

現在01:22。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

お電話での受付窓口0066-9687-7989
受付時間 平日 9:00〜17:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

女性弁護士が運営する山形市の法律事務所

相談者がリラックスして話しやすい環境

宇野和娘(うのかずこ)法律事務所は、女性弁護士による山形市の法律事務所です。2011年の開所以来、地域の方々のさまざまな法的トラブルを解決してきました。事務所は山形市役所や山形地方裁判所が並ぶ市の中心部に位置しており、交通アクセスも便利です。

とはいえ「法律」や「弁護士」という言葉の響きに、緊張される方も多いと思います。そこで当事務所は、リラックスして話しやすい環境を重視。相談時間をたっぷり1時間確保して、親身な対応と細やかな気配りを大切にしています。平日夜間の相談にも柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。

相続問題を弁護士に依頼する3つのメリット

1)精神的負担が軽くなる

弁護士に依頼すれば、もめている相続人に直接連絡をとる必要はありません。すでにケンカが始まっている場合、それだけでストレスが軽くなります。解決までの流れも明らかになるので、漠然とした不安も解消されるでしょう。

2)煩雑な手続きから解放される

相続トラブルを解決するためには、煩雑な作業や手続きが必要なケースがあります。たとえば、遺産分割協議書を作成するためには全相続人の合意が必要ですが、一部の相続人が見つからないことも。そんなときに相続人の調査や「不在者財産管理人」の選任といった作業・手続きを任せることができます。

3)確実に問題解決へ進む

当事者同士が感情的に対立していると、なかなか話が前に進みません。弁護士は法的な争点を整理して相手方と冷静に話しあうので、落としどころが見つかりやすいでしょう。たとえ話しあいが決裂しても、審判や裁判などを通じて確実に結論が出ます。

遺産分割の割合について争いが生じたら

親の面倒をみた子どもは遺産を多めにもらえる?

遺産分割では家族構成や生活状況、財産状況などによって、さまざまな点が問題になります。たとえば、親(被相続人)と同居していた相続人から「長年にわたって面倒をみていたので、遺産を多めにほしい。他の兄弟と同じ金額なのは納得いかない」と主張される場合もあるでしょう。

また、一部の相続人だけが生前に金銭的な援助を受けていると、「そのぶんの金額をさしひいて相続すべき」という意見が出ることもあります。こういった争いを適切に解決するためには、法的な専門知識が必要です。当事務所は丁寧なヒアリングと調査などを通じて、依頼者が納得できる解決へ導きます。

遺言の内容があまりに不平等だったら

「遺留分」の権利を行使して、最低限の遺産を相続

「すべての財産を〇〇に相続させる」といった遺言が残された場合、たいてい他の相続人は納得いかないもの。実際、ほとんどの相続人は最低限(法定相続分の1/2、または1/3)の遺産を受け取れる権利(遺留分)をもっています。

この遺留分の算定方法は非常に複雑です。そのうえに他の争点が絡むと、さらに複雑化します。土地や建物など分割しづらい財産の調整も含めて、遺留分を求める手続きは弁護士に依頼したほうがいいでしょう(遺留分の減殺請求権には時効があります)。

時間が経ってから多額の借金が発覚したら

期限後に「相続放棄」が認められることも

借金が多い場合など、相続人は遺産の相続を放棄することができます。その期限は、相続開始から(および自分が相続人となったことを知ってから)3ヵ月以内。しかし、実務上の法解釈はゆるやかです。期限を過ぎてしまった理由を裁判所に正直に伝えれば、相続放棄が認められる可能性が高いでしょう。

相続放棄の手続き自体は難しくないので、弁護士に依頼する必要はありません。当事務所は法律相談の時間を活用して、手続きの方法を丁寧に説明しています。

相続した不動産の名義を変更していなかったら

遺産分割協議書を作成し、全相続人の署名を集める

不動産を相続した場合、その登記名義を変更しなければいけません。この手続き(相続登記)は放置されやすい傾向がありますが、そのままでは不動産の権利が確定しません。後々の相続トラブルを防ぐため、必ず相続登記を行いましょう。

本来の流れとしては、遺産分割協議書を作成して全相続人の署名を集める必要があります。でも相続発生から時間が経っていると、一連の手続きが大変です。状況によっては他の手段が使えるケースもあるので、詳しくは弁護士に相談してください。

“争続”を防ぐ遺言書の作り方

形式的な不備のない「公正証書遺言」を選択

相続争いを未然に防ぎ、自分の意思を反映させるためには遺言書の作成が有効です。なかでも遺言の内容が複雑な場合は、弁護士のサポートを受けたほうがいいでしょう。当事務所は依頼者の意向をふまえて、将来的に争いが生じにくい内容・文面を提案します。

さらに法定相続人以外の個人・法人に財産を譲りたい場合は、受け入れ先との事前調整も行います。また、誤った形式で遺言を作成すると無効になるおそれがあるので、形式的な不備のない「公正証書遺言」の作成をおすすめしています。

宇野和娘法律事務所からのアドバイス

トラブルの悪化を防ぐため、早めに弁護士に相談

基本的に相続問題は親族間の問題です。対応次第で人間関係に大きな亀裂が入りかねないので、ささいな悩みやトラブルでも弁護士のアドバイスを受けることをおすすめします。もちろん、依頼せずに相談のみでもかまいません。

当事務所は相談者の話をじっくり聞いたうえで、問題の解決策を提案します。今後のトラブルを予防できる場合もあるので、「こんなことを相談してもいいのかな?」とためらわず、お気軽にご相談ください。

所属弁護士

宇野 和娘(うの かずこ)

宇野 和娘1
登録番号 No.35037
所属弁護士会 山形県弁護士会

アクセス

山形市役所からすぐ
※お車でお越しの方は、エチゴヤパーキングをご利用ください。

山形県山形市旅篭町2丁目2-26

事務所概要

事務所名 宇野和娘法律事務所
代表者 宇野 和娘
住所 〒990-0047 山形県山形市旅篭町2丁目2-26 庄司ビル5階
電話番号 0066-9687-7989
営業時間 平日 9:00〜17:00
定休日 土日祝日
備考
宇野和娘法律事務所
宇野和娘法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7989
受付時間
平日 9:00〜17:00

現在01:22。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒990-0047 山形県山形市旅篭町2丁目2-26 庄司ビル5階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP