【厳選掲載】遺産相続に強い弁護士

山梨県で「相続放棄」に強い弁護士

山梨県の遺産相続について知る

山梨県の相続問題

山梨県の相続税納税額は46億3800万円

山梨県の相続税納税額は46億3800万円で、全国では40位と低い方です。同じ東京国税局管内(東京都、千葉県、神奈川県、山梨県)の4都県の中ではもっとも少ない額となっています。 しかし山梨県は別荘地があるなど富裕層が土地を持っているケースが多いようです。土地や現金、預貯金は相続財産として大きなウエイトを占めていますが、山梨県の場合はどうでしょうか。詳しく見ていきましょう。

山梨県の地価の状況

山梨県内の平均地価は1平方メートル当たり35,245万円で、全国で38位です。山梨県も他府県と同様に地価は下落傾向にあります。住宅地で前年比平均3.1%の下落、商業地で平均3.5%も下落しています。ただ、下落幅は年々減少しています。 山梨県内の住宅地でもっとも地価が高かったのは大月市御太刀2丁目(JR大月駅の近く)で、1平方メートル当たり64,300円です。2位は上野原市上野原(JR上野原駅の近く)で61,300円、3位は甲府市屋形2丁目で60,400円となっています。他府県では地価の上位は県庁所在地や県内でも中心となる都市に集中していますが、山梨県は各地に分散しているのが特徴です。 また、住宅地でも地価が上昇しているのは山中湖周辺で、これは別荘地としての需要が高まったことや湖畔近くのデザイナーズマンションの人気が高まったことなどが要因になっているようです。

一方、商業地でもっとも地価が高かったのは、甲府市丸の内2丁目(甲府市役所西側)の地点で、1平方メートル当たり192,000円です。2位は甲府市中央1丁目で96,000円、3位は上野原市で77,400円となっています。 山梨県では若者が県外に流出する傾向があるようです。しかし、相続はその土地を持っている人が死亡することで起こります。今は実家を離れていても、親や祖父母が死亡することで相続の問題が起こる可能性があります。一度、家族で話し合っておくといいでしょう。

山梨県民の平均世帯年収は434.7万円

山梨県の1世帯当たりの貯蓄高は1301万円で、これは全国では34位で決して高くはありません。ただ、山梨県は平均の世帯年収が434.7万円と比較的高い水準にあります。 市区町村別に見てみると、上野原市がもっとも高く約460万円、次いで南アルプス市で451万円、中央市444.9万円、韮崎市441万円などとなっています。世帯年収が1000万円以上の割合が高いのは中央市の6.51%、上野原市の6.3%、富士吉田市6.28%などです。 高額所得を得ている人は、早くから相続税対策をしておくと節税につながります。

山梨県民の相続税対策

山梨県民は比較的収入が安定しているようです。東京都など首都圏は収入が多く、地価も高いために何かと比較されがちですが、個々に見ると広い土地を持っている人がいると思われます。別荘地やマンションを持っている人、果樹園など農園を持っている人などは、一度土地や建物の評価額を計算してもらうといいでしょう。

ただ、相続は今現在の評価額ではなく、持ち主が死亡した時点での価格で計算されます。さらに平成27年1月からは税制改正が行われました。それによって、それまでは相続税とは無縁だった一般家庭でも課税対象となる場合があります。 子どもが都会に出ている場合などは、普段なかなか会って話す機会がないものです。盆休みや正月など家族がそろった時に、相続の話題をするといいでしょう。事前に相続に詳しい弁護士にアドバイスを受けておくと、話し合いがスムーズに進みます。その際には相続財産は何と何があるのか、相続人は誰なのかを整理しておきましょう。その上で相談すれば最適なアドバイスが受けられますよ。

山梨県の相続問題 弁護士対応市町村

甲府市・富士吉田市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・北杜市・甲斐市・笛吹市・上野原市・甲州市・中央市・市川三郷町・早川町・身延町・南部町・富士川町・昭和町・道志村・西桂町・忍野村・山中湖村・鳴沢村・富士河口湖町・小菅村・丹波山村

相続に強い弁護士をお探しの山梨県在住の方へ

山梨県にお住まいで、遺産相続問題にお悩みの方、山梨県に事務所を構える弁護士事務所か、遺産相続に強い出張可能な弁護士に相談することで相続がスムーズに進み、相続税の節税やトラブルのない相続への備えが可能です。

まずはお気軽に相談してみてください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP