生涯独身で兄弟もいない場合、相続財産はどうなる?

相続人がいない場合の相続

Q:私は今まで独身を貫いてきました。両親や祖父母はすでに死亡し、ひとりっ子だったために兄弟姉妹もいません。ところが親の代から受け継いだ土地と家屋や預貯金などの財産があります。もし自分が死亡したら、この財産はどうなるのでしょうか?

独身老人

A:法定相続人になれるのは以下の親族までです。

  • 配偶者
  • 子ども
  • 親または祖父母などの直系尊属
  • 兄弟姉妹(兄弟姉妹が死亡している場合は甥や姪)

自分のおじ・おばやいとこは法定相続人にはなれません。そのため、今回のご質問のように両親・祖父母が亡くなっていて、兄弟姉妹もいない(いても死亡し、兄弟姉妹に子どもがいない場合)で配偶者もいないというときは、本当に相続人が誰もいなくなります。
その場合、相続財産は国のもの(国庫に帰属)になります。ただ、放っておけば自動的に国庫に帰属するというわけではなく、「相続財産管理人」によって相続人がいないことを法的に成立させる手続きを踏まなければなりません。

相続財産管理人とは

相続人がいないまま死亡すると、利害関係にあった人または検察官が家庭裁判所に「相続財産管理人」の選任を請求します。実際は弁護士が選任されるケースが多いようです。その後、相続財産管理人が選任されると、その旨を裁判所の掲示板に掲示し、官報に載せて公告を行います。
これは「相続人がいれば名乗り出てください」というお知らせです。相続人が誰もいないとわかると、日ごろ介護をしたり、生活のお世話をしたりした人が「特別縁故者」として請求すれば財産を受け取れる可能性があります。

相続財産管理人の選任から公告後の流れ

公告後の流れは以下のようになります。

  1. 公告

    2ヶ月間は相続人が名乗り出るのを待ちます。

  2. 債権者や受遺者の公告

    被相続人(故人)にお金を貸している人や遺言で財産を受け取るように聞かされていた人(受遺者)がいたら申し出るように公告を出します。

  3. 2ヶ月間経過

    2ヶ月の間に債権者が現れたら、故人の相続財産から弁済(支払い)をします。
    また、受遺者が現れたら、遺言の存在を確かめてそれに沿って財産の相続が行われます。

  4. 相続人捜索の公告

    2の債権者や受遺者の公告を出しても2ヶ月間誰も名乗り出ない場合は、相続人を探すための公告が出されます。
    この期間は6ヶ月間で、その間に相続人が誰も現れない場合は「相続人不存在」が確定されます。

特別縁故者とは

上記の流れで誰も相続人がいないと判明した場合で、故人と生前親しかった人やお世話をした人は「相続人の不存在が確定してから3ヶ月以内」に財産分与の請求ができます。
特別縁故者になれるのは内縁関係だったパートナーや病院や介護施設でお世話をした人などですが、自分から請求しないと認められません。また、請求すれば誰でも認められるというわけではなく、故人との関係や生前の貢献度合い、生活状況などを細かく調べられます。その結果、特別縁故者として認められた場合でも、全財産が受け取れるわけではないので注意しましょう。

また、特別縁故者という言葉や制度を知らなければ請求することができません。その結果、財産すべてが国庫に帰属するケースがあります。

おひとりさまの生前の対策

そこでおひとりさまで財産を所有している人は、生前に次のような対策を取ることをおすすめします。

  1. 本当に相続人がいないか調査する

    両親が実は両親は再婚していて、父親だと思っていた人は母親の再婚相手だった。実の父親は離れたところで生きていたという場合があります。また、実は兄弟がいたということもあります。一度、戸籍を調べてみましょう。自分ひとりで戸籍調査ができない場合は弁護士がやってくれるので相談してみましょう。

  2. 財産一覧表を作成しておく

    預貯金や有価証券、ゴルフ会員権など複数の財産がある場合は一覧表にしておきます。

  3. 遺言を書いておく

    お世話になった人に財産を分けたい旨をきちんと遺言に書いておくと安心です。財産を寄付したい場合も遺言に書いておきましょう。遺言書には2で書いた財産すべての分配方法を記しておきます。

  4. 遺言執行者を決めておく

    これは弁護士にお願いするといいでしょう。

  5. 老後の生活設計を立てておく

    持ち家やマンションがあるが管理できない場合は、売却して老人ホームに入るなどの対策が必要です。死後の管理や処分方法を専門家に相談してみましょう。その場合、認知症になると相談が思うように進みませんので、早くから対策を立てておくと安心です。
    墓地や葬儀に関しては寺院に先に費用を払って依頼する方法もありますので調べてみましょう。

  6. 債務は減らしておく

    ローンなどの債務はできるだけ完済しておきましょう。

このように考えられる限りの対策をしておくと、死後に周囲の人に迷惑をかける心配が軽減されます。それでも遺品整理など何かと人の手を借りることになります。認知症や寝たきりになる前に信頼できる人に細々としたことをお願いしておくといいでしょう。

都道府県から相続弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
遺産相続問題は弁護士に相談すべき

相続問題でこんな悩みを抱えていませんか

  • 相手がすでに弁護士に依頼している
  • 遺産分割の相続の話し合いがまとまらない。顔を合わせたくない。
  • 遺産を使い込まれているが、どうすればいいの?
  • 遺言書に自分の名前が書かれておらず、自分の相続がなくなった。
  • 相続について、どうしていいのか分からない。

1つでも当てはまるなら、すぐに相談しよう

遺産相続に強い弁護士を探す
【相続弁護士に依頼する前にチェック!】
相続について知る
遺産相続を弁護士に依頼する前にチェック
相続分野の弁護士費用相場
遺産相続を弁護士に依頼するメリット
弁護士に相談するタイミング
相続に強い弁護士の選び方
相続を弁護士に相談・依頼する流れ

ご相談状況

  • 電話窓口:通話無料
  • 弁護士:151事務所
  • 相談件数:4,000件 突破

【注目】遺産相続に強い弁護士

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化
弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化

遺産相続弁護士相談広場は、遺産分割や遺言書作成でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。遺産相続関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP