【相続相談事例】子どもがいない場合、相続財産はどうなる?

子どもがいない夫婦の場合、甥や姪が相続人になる?

Q:私たち夫婦には子どもがいません。先日、夫が亡くなりました。両親はすでに死亡しています。夫は3人兄弟の末っ子で、兄・姉も他界しています。兄に男の子が、姉に女の子がいますが、遠くに住んでいますし、兄姉が亡くなったのはずいぶん前で、私は甥や姪にはほとんど会ったことがありません。

この2人に相続させないといけないのでしょうか?

老夫婦

A:子どもがいない場合は配偶者と兄弟姉妹が法定相続人になります。兄弟姉妹が死亡している場合はその子(故人にとって甥や姪)が相続人になり、これを代襲相続といいます。

今回のように子どもがいない夫婦の場合、相続人は自分ひとりと考えがちです。しかし、法定相続人は次のような優先順位で決められています。その関係によって相続できる割合(法定相続分)が決まっています。

法定相続人の順位

  1. 配偶者(配偶者は常に相続人になります。ただし、内縁関係や事実婚の場合は相続人にはなれません)
  2. 1位:子ども(内縁関係の相手の子どもや事実婚の相手の子どもでも認知していれば相続人になれます)
  3. 2位:父母
  4. 3位:兄弟姉妹

そして、子どもが死亡している場合は孫が、父母が死亡している場合は祖父母が、兄弟姉妹が死亡している場合は甥・姪が相続します。(代襲相続)

法定相続分

ちなみに法定相続分は以下のようになります。

  • 配偶者のみ……全部
  • 配偶者と子ども……配偶者が2分の1、子どもが2分の1
  • 配偶者と親……配偶者が3分の2、親が3分の1
  • 配偶者と兄弟姉妹……配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1
  • 子どものみ……全部
  • 親のみ……全部
  • 兄弟姉妹のみ……全部

このご質問の場合、相続人は配偶者と甥と姪の3人となり、法定相続分は配偶者が4分の3、残りの4分の1を甥と姪で等分して受け取ることになります。

法律ではこのように決められていますが、被相続人(故人)が相続させたい人や相続財産を指定するには「遺言」を残しておくといいでしょう。たとえば「全財産を妻に相続させる」とか、他にも法定相続人ではないがお世話になった人に相続させたい場合(遺贈)も遺言書を残しておきましょう。

なお、遺言に記していても相続人が最低限受け取れる「遺留分(いりゅうぶん)」があります。例えば財産のすべてを愛人に相続させると遺言しておくと、家族が生活に困る可能性があるからです。ただ、遺留分が認められているのは、配偶者・父母や祖父母などの直系尊属と子ども(または孫)だけで、兄弟姉妹にはありません。

この質問の場合は遺言できちんと配偶者にすべての財産を相続させると書いておけば、甥や姪が遺留分を請求することはなく、遺言通りに相続できます。
遺言書は正しい形式に従って作成する必要があります。自分でも作れますが、弁護士などに相談されるといいでしょう。

都道府県から相続弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
遺産相続問題は弁護士に相談すべき

相続問題でこんな悩みを抱えていませんか

  • 相手がすでに弁護士に依頼している
  • 遺産分割の相続の話し合いがまとまらない。顔を合わせたくない。
  • 遺産を使い込まれているが、どうすればいいの?
  • 遺言書に自分の名前が書かれておらず、自分の相続がなくなった。
  • 相続について、どうしていいのか分からない。

1つでも当てはまるなら、すぐに相談しよう

遺産相続に強い弁護士を探す
【相続弁護士に依頼する前にチェック!】
相続について知る
遺産相続を弁護士に依頼する前にチェック
相続分野の弁護士費用相場
遺産相続を弁護士に依頼するメリット
弁護士に相談するタイミング
相続に強い弁護士の選び方
相続を弁護士に相談・依頼する流れ

ご相談状況

  • 電話窓口:通話無料
  • 弁護士:164事務所
  • 相談件数:4,000件 突破

【注目】遺産相続に強い弁護士

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化
弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化

遺産相続弁護士相談広場は、遺産分割や遺言書作成でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。遺産相続関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP