特定事業用宅地の特例を受けるために知っておきたいこととは?

事業用宅地

小規模宅地等の特例のひとつとして、「特定事業用宅地等の特例」があります。これは事業用の土地に対して、400㎡までその評価額を80%減額できるものです。特定事業用宅地等の特例と小規模宅地等の特例を併用することもできます。また、その土地で駐車場などの貸付事業を営んでいる場合には、貸付事業用宅地の特例を活用することも可能です。

特定事業用宅地の特例には2つのパターンがある

被相続人や同一生計の親族などが事業に使用している宅地には、「特定事業用宅地」と「特定同族会社事業用宅地」の2つのパターンがあります。両方とも評価額が80%減額されるところは同じですが、それぞれのパターンで適用条件が異なります。

特定事業用宅地の特例とは

特定事業用宅地とは、自営業者などが店舗や工場として使用していた土地や被相続人をオーナーとする同族会社で使用していた土地のことです。特定事業用宅地がある一定の条件を満たした場合、400㎡までの土地についてその評価額を80%減額してもらうことができます。

特定事業用宅地の特例には適用条件がある

特定事業用宅地の特例が適用されるには、いくつか条件があります。事業を行なうために当該土地を使用していたのが、被相続人自身である場合と親族である場合とで、条件が異なるため注意が必要です。

被相続人の事業用宅地等の場合

被相続人自身が使用していた土地の場合に適用される条件は、以下の通りとなります。

  • 被相続人が事業に使用していた土地である
  • 相続人が申告期限までに事業を引き継ぎ、かつ事業を営んでいる
  • 相続税の申告期限まで当該土地を所有している
生計を一にする親族の事業用宅地等の場合

生計を一にする親族が使用していた土地の場合に適用される条件は、以下の通りとなります。

  • 被相続人と生計を一にする親族が事業に使用していた土地である
  • 相続開始直前から相続税の申告期限まで引き続き事業を営んでいる
  • 相続税の申告期限まで当該土地を所有している

なお、適用される事業として賃貸住宅や駐車場などの貸付事業は含まれません。

特定同族会社の事業用宅地等の特例とは

被相続人が所有していた土地に、被相続人自身や親族が経営する会社が店舗や工場などを運営するケースはよく見られるものでしょう。そのような店舗や工場についても、条件を満たせば相続税の減免措置が適用できることがあります。

特定同族会社事業用宅地とは

特定同族会社事業用宅地とは、被相続人または相続人と同一生計の親族が一定割合の株式を持つ会社が事業に使用していた宅地のことです。特定同族会社の事業用宅地の特例が認められると、400㎡までの範囲でその土地の評価額が80%減額してもらうことができます。

特定同族会社事業用宅地の特例が適用される条件とは

特定同族会社事業用宅地の特例が適用されるには、以下の条件を満たすことが必要です。

  • 被相続人または相続人と同一生計の親族が50%超の株式を持つ会社が事業に使用していた宅地である
  • 相続人が相続税の申告期限まで同族会社の役員である
  • 申告期限までその土地を所有し、引き続き事業に使用している

特定事業用宅地等と特定居住用宅地の特例は併用可能

工場などの事業を経営している被相続人が、同じ場所や別の場所に住宅地を持っていることがあります。そのような場合、特定事業宅地と特定居住用宅地の特例をそれぞれに適用してもらうことができます。

特定事業用宅地等と特定居住用宅地が法改正で合算可能に

平成26年12月31日以前は、特定事業用宅地等と特定居住用宅地は完全併用ではなく適用面積に限度がありました。ところが相続税法が改正されたことにより、平成27年1月以降は自宅の土地と事業の土地に関する特例の完全併用が可能となりました。

特定事業用宅地等と特定居住用宅地が730㎡まで合算できるように

特定事業用宅地等と特定居住用宅地それぞれの限度面積を合計した730㎡(330㎡+400㎡)までの範囲で、小規模宅地等の特例の適用が受けられるようになりました。特定居住用宅地等と特定事業用宅地等のそれぞれの条件を満たしたときに、合算が可能となります。

特例の利用者は中小企業の経営者を想定

この特例の利用者として想定されているのは、主に中小企業や家族企業の経営者です。中小企業や家族企業が所有する土地にこの特定事業用宅地の特例を適用することによって、相続税を削減し、子供への事業継承のハードルを下げることができるようになります。

特定事業用宅地等と特定居住用宅地を合算するときの注意点とは

どんな場合でも、特定事業用宅地等と特定居住用宅地を合算してよいわけではありません。合算を適用するには、ある一定の条件をクリアする必要があります。それはどのような条件なのでしょうか。

特定事業用宅地等と特定居住用宅地それぞれが限度内の面積で適用する

例えば、居住用宅地が450㎡、事業用宅地が80㎡の場合、730㎡までの範囲内におさまるからといって、適用範囲を450㎡+80㎡=530㎡とすることはできません。居住用宅地は330㎡までしか適用できないからです。したがって、330㎡+80㎡=410㎡の範囲が合算できることになります。

賃料を受けとってはいけない

被相続人と同居している親族に事業用として土地を貸す場合は、無料で貸すことが条件です。賃料を受け取っていると特定事業用宅地ではなく貸付事業用宅地とみなされ、適用条件が730㎡までとならないことがあります。

特定事業用宅地の特例と貸付事業用宅地の特例との違いとは

被相続人や同一生計の親族が不動産貸付業、駐車場業、駐輪場業など、他人に土地を利用させるような事業を行なっていた場合は、この「特定事業用宅地」には含まれません。この場合は、「貸付事業用宅地」の特例を受けることになります。

貸付事業用宅地の特例のメリットとは

貸付事業用宅地の特例は、適用面積が200㎡までで減額率は50%となります。貸付事業用宅地の特例は特定事業用宅地等の特例に比べると適用面積も小さく、減額幅も50%と小さいため、「メリットが薄いのではないか」と考える人もいるかと思います。しかしこちらの特例は規模の大小を問わないので、比較的容易に利用することができます。

駐車場や駐輪場にすると投資費用がかからない

空き地を持っていても事業を営んでいない場合は、駐車場や駐輪場にして「貸付事業用宅地等」の特例を受けることができます。こうすることで、アパートを建築することと比較して投資費用がかからずにすみます。

事業までは至らない規模の不動産の貸付も対象となる

規模の大小を問わないので、一戸建てを一軒だけ貸している、分譲マンションの一室だけを貸しているような規模の小さい不動産を貸し付ける場合でも適用されます。

貸付事業用宅地の特例を受ける際の注意

貸付事業用宅地の特例を受けるためには、相続税の申告期限まで被相続人の貸付事業を受け継ぎ、継続しているという条件を満たす必要があります。また他の特定事業用宅地等や特定居住用宅地の特例と合わせて検討しているときは、貸付事業用宅地の特例を利用すると不利になることもあります。

賃貸している部屋が空室の場合は認められない

賃貸として貸し出している部屋が空室になっている場合は、その空室部分は貸し付けを行なっているとはみなされません。この場合、貸付事業用宅地の特例を受けることができないので注意しましょう。

複数の土地に対して特例を利用する際は、特例を受けられる面積が大幅に制限される

相続人が複数箇所に土地を所有しており、それぞれについて小規模宅地等の特例や特定事業用宅地の特例を適用することを検討している場合は注意が必要です。特定居住用宅地と特定事業用宅地のみの組み合わせであれば、それぞれ上限いっぱいまで利用できますが、組み合わせの中に貸付事業用宅地があると、特例を受けられる面積が合わせて200㎡までと制限されてしまいます。

特定事業用宅地の特例を使いたいときは遺産相続に強い弁護士に相談を

相続財産の中に特定事業用宅地の特例を適用できる土地がある場合、特定居住地用宅地や貸付事業用宅地どの兼ね合いが評価額を大幅に左右します。被相続人が持っている土地についてどの特例を適用したほうがよいのか、素人ではなかなか判断がつかないため、遺産相続に強い弁護士や税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

都道府県から相続弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
遺産相続問題は弁護士に相談すべき

相続問題でこんな悩みを抱えていませんか

  • 相手がすでに弁護士に依頼している
  • 遺産分割の相続の話し合いがまとまらない。顔を合わせたくない。
  • 遺産を使い込まれているが、どうすればいいの?
  • 遺言書に自分の名前が書かれておらず、自分の相続がなくなった。
  • 相続について、どうしていいのか分からない。

1つでも当てはまるなら、すぐに相談しよう

遺産相続に強い弁護士を探す
【相続弁護士に依頼する前にチェック!】
相続について知る
遺産相続を弁護士に依頼する前にチェック
相続分野の弁護士費用相場
遺産相続を弁護士に依頼するメリット
弁護士に相談するタイミング
相続に強い弁護士の選び方
相続を弁護士に相談・依頼する流れ

ご相談状況

  • 電話窓口:通話無料
  • 弁護士:170事務所
  • 相談件数:9,000件 突破

【注目】遺産相続に強い弁護士

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化
弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化

遺産相続弁護士相談広場は、遺産分割や遺言書作成でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。遺産相続関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP