生前贈与で相続税の節税対策!大幅な節税効果がでる場合アリ

相続でお悩みなら弁護士に相談

生前贈与での節税効果

生前贈与することで相続税はどれくらい軽減できるのでしょうか?次のケースで計算してみましょう。

被相続人Aさんの相続財産3億円を妻、長男、長女の3人で相続する場合

相続税がどのように分けられるか

生前贈与せずに相続した場合

相続税の基礎控除額は3000万円+600万円×3人=4800万円
相続財産(3億円)-基礎控除(4800万円)=2億5200万円
2億5200万円が課税遺産総額になります。

妻は相続財産の2分の1を、長男、長女はそれぞれ4分の1を相続するので、妻の課税対象額は1億2600万円長男・長女の課税対象額は6300万円になります。

相続税の速算表に基づいて計算すると以下のようになります。

1億2600万円×40%-1700万円=3340万円
長男・長女 それぞれ6300万円×30%-700万円=1190万円
相続税の総額の元となる額は3340万円+1190万円+1190万円=5720万円

各人の相続税の納付税額を[相続税の総額×(各人の課税価格÷課税価格の合計額)]で計算します。

5720万円×(1億2600万円÷2億5200万円)=2860万円
長男・長女 それぞれ5720万円×(6300万円÷2億5200万円)=1430万円

ただし、妻は配偶者の税額軽減があるため納付税額は0になります。この場合の相続税の総額は長男と長女が納める1430万円×2=2860万円となります。

一方、妻と長男、長女の3人に毎年110万円ずつ10年間贈与した場合の計算は次のようになります。

10年間の贈与額 110万円×3人×10年=3300万円
10年後の相続財産は3億円-3300万円=2億6700万円

そこから基礎控除額4800万円を差し引くと課税遺産総額は2億1900万円になります。

妻の課税対象額:1億950万円、男・長女の課税対象額:5475万円

納付税額をイと同じ要領で計算をします。

妻の相続税額 2680万円
長男・長女の相続税額 それぞれ942.5万円
相続税の総額の元となる額
2680万円+942.5万円+942.5万円=4565万円
各人の相続税の納付税額
4565万円×(1億950万円÷2億1900万円)=2282.5万円
長男・長女 それぞれ 4565万円×(5475万円÷2億1900万円)=1141.25万円

ただし、妻の納付税額は0となるため、相続税の総額は長男・長女が納める1141.25万円×2=2282万5000円となります。……(ロ)

まったく生前贈与をしない場合(イ)と比べると

イ(2860万円)-ロ(2282.5万円)=577万5000円

生前贈与をした場合(ロ)は577万5000円の節税効果があることがわかります。

あえて贈与税を納める場合の節税効果

(ロ)のケースは贈与税が非課税となる年間110万円を10年間贈与した場合で計算していますが、次のケースのように贈与税がかかっても毎年の贈与額を増やす方が相続税の節税につながる場合もあります。

妻と長男、長女の3人に毎年310万円ずつ10年間贈与する場合、110万円は基礎控除となるので実質の贈与税課税対象額は200万円になります。

200万円以下の贈与税の税率は10%なので、20万円が1人当たりの1年間の贈与税額となり、10年間で3人では600万円を贈与税として納めることになります。

一方、3人が10年間に受ける贈与額は310万円×3人×10年間=9300万円なので、相続財産は3億円-9300万円=2億700万円になります。

そこから基礎控除額(3000万円+600万円×3人)=4800万円を差し引くので2億700万円-4800万円=1億5900万円が課税対象の相続財産となります。

妻の課税対象額:7950万円
長男・長女の課税対象額:3975万円

そこから同様に相続税の計算をすると、相続税の総額は1437万5000円になります。……(ハ)
(ハ)の場合は贈与税を10年間で600万円納めていますが、それを足しても2037万5000円になります。
(イ)の生前贈与をまったくしない場合より822万5000円
(ロ)の贈与税を納めない生前贈与の場合より245万円も納付税額が少なくなります。

このように生前贈与を上手に取り入れることで相続税の節税が可能になります。

都道府県から相続弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
遺産相続問題は弁護士に相談すべき

相続問題でこんな悩みを抱えていませんか

  • 相手がすでに弁護士に依頼している
  • 遺産分割の相続の話し合いがまとまらない。顔を合わせたくない。
  • 遺産を使い込まれているが、どうすればいいの?
  • 遺言書に自分の名前が書かれておらず、自分の相続がなくなった。
  • 相続について、どうしていいのか分からない。

1つでも当てはまるなら、すぐに相談しよう

遺産相続に強い弁護士を探す
【相続弁護士に依頼する前にチェック!】
相続について知る
遺産相続を弁護士に依頼する前にチェック
相続分野の弁護士費用相場
遺産相続を弁護士に依頼するメリット
弁護士に相談するタイミング
相続に強い弁護士の選び方
相続を弁護士に相談・依頼する流れ

ご相談状況

  • 電話窓口:通話無料
  • 弁護士:155事務所
  • 相談件数:4,000件 突破

【注目】遺産相続に強い弁護士

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化
弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化

遺産相続弁護士相談広場は、遺産分割や遺言書作成でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。遺産相続関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP