生前贈与のメリットや方法【贈与税の条件・税額を解説】

生前贈与とは

メモを取る生前贈与とは財産を持っている人が文字通り「生きている間に誰かに無償で財産を贈ること」です。

贈与には「贈与税」がかかりますが、贈与税には「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つの方式があります。一般的に行われるのは「暦年課税による贈与」です。

これは1年間(1月1日から12月31日まで)に贈与された財産の総額に対して贈与税が課税されるものです。

ただし、1年間(1月1日~12月31日まで)の1人当たりの贈与財産の合計金額の中で110万円までは基礎控除として控除されます。そのために、年間110万円を超える額が贈与税の課税対象となります。

贈与する人のことを「贈与者」、贈与を受ける人のことを「受贈者」と言います。そして、忘れてはいけないことは、「贈与は契約である」ということです。親や祖父母が一方的に子や孫に財産を贈与したいと思っていても、「受贈者」側がそれを了承していることが必要になります。(契約書などが必要)

なお、教育費や生活費の援助などの費用を負担するのは贈与とはみなされず、贈与税の課税対象ではありません。

生前贈与の条件

生前贈与として贈る相手に関しての条件は特にありません。ただし、次のような条件があります。

  1. 贈与する側(贈与者)と贈与を受ける側(受贈者)の間で合意していること
  2. 受贈者がその財産を自由に管理・使用できる状態であること

1の合意に関しては、税務署にチェックされた場合のことを考えて、「贈与契約書」を書面で残しておくといいでしょう。また、受贈者が財産を自由に管理、使用できることが条件でありながら、贈与者が通帳や印鑑を持っている場合は、贈与として認められない場合があるので注意しましょう。

贈与税の税額

暦年贈与には贈与税がかかります。計算方法は次のようになっています。

(1年間(1月1日から12月31日まで)に受けた贈与額の合計-基礎控除110万円)×税率-控除額=贈与税額

なお、基礎控除後の課税価格に対する税率と控除額は次のようになっています。

A:20歳以上の者が直系尊属から贈与を受ける場合

基礎控除後の課税価格
200万円以下 税率 10% 控除額 0
200万円超~400万円以下 税率 15% 控除額 10万円
400万円超~600万円以下 税率 20% 控除額 30万円
600万円超~1000万円以下 税率 30% 控除額 90万円
1000万円超~1500万円以下 税率 40% 控除額 190万円
1500万円超~3000万円以下 税率 45% 控除額 265万円
3000万円超~4500万円以下 税率 50% 控除額 415万円
4500万円超 税率 55% 控除額 640万円

A以外の場合

基礎控除後の課税価格
200万円以下 税率 10% 控除額 0
200万円超~300万円以下 税率 15% 控除額 10万円
300万円超~400万円以下 税率 20% 控除額 25万円
400万円超~600万円以下 税率 30% 控除額 65万円
600万円超~1000万円以下 税率 40% 控除額 125万円
1000万円超~1500万円以下 税率 45% 控除額 175万円
1500万円超~3000万円以下 税率 50% 控除額 250万円
3000万円超 税率 55% 控除額 400万円

贈与税と相続税の違い

贈与税は基礎控除額が年間110万円なのに対して相続税の基礎控除は3000万円+600万円×法定相続人の数なので、相続税の方が控除額が多いという特徴があります。

また、1000万円の財産を贈与する場合の税率は40%ですが相続税は15%なので、税率面でも相続税の方が少なくなっています。
しかし、贈与税は毎年110万円までを何年間にも分けて贈与すれば贈与税は0で財産を減らすことができます。その結果、相続税額を抑えることができます。また、仮に基礎控除を超える額を贈与しても最低税率の範囲内ならば相続税をかなり節税する効果があります。(詳しくは生前贈与の節税効果でご説明しています)。
それぞれの特徴とメリットをよく理解して利用するといいでしょう。

都道府県から相続弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
遺産相続問題は弁護士に相談すべき

相続問題でこんな悩みを抱えていませんか

  • 相手がすでに弁護士に依頼している
  • 遺産分割の相続の話し合いがまとまらない。顔を合わせたくない。
  • 遺産を使い込まれているが、どうすればいいの?
  • 遺言書に自分の名前が書かれておらず、自分の相続がなくなった。
  • 相続について、どうしていいのか分からない。

1つでも当てはまるなら、すぐに相談しよう

遺産相続に強い弁護士を探す
【相続弁護士に依頼する前にチェック!】
相続について知る
遺産相続を弁護士に依頼する前にチェック
相続分野の弁護士費用相場
遺産相続を弁護士に依頼するメリット
弁護士に相談するタイミング
相続に強い弁護士の選び方
相続を弁護士に相談・依頼する流れ

ご相談状況

  • 電話窓口:通話無料
  • 弁護士:170事務所
  • 相談件数:9,000件 突破

【注目】遺産相続に強い弁護士

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化
弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

相続問題に注力する弁護士が多数在籍、依頼者の利益を最大化

遺産相続弁護士相談広場は、遺産分割や遺言書作成でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。遺産相続関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP