相続のパターンは単純承認、相続放棄、限定承認の3種類

相続のパターン

相続にはマイナスの財産もすべて引き継ぐ「単純承認」、すべての相続財産を引き継がない「相続放棄」、「相続した財産から負債を支払う「限定承認」の3種類があることを説明しています。

相続のパターンは3通り

相続にはさまざまなケースがあります。土地、預貯金などプラスの相続財産の場合ばかりではありません。中には負債(マイナスの財産)を残したまま死亡するケースもあり、残された遺族は戸惑ってしまいます。
そういった場合、相続には次のような3通りの方法から選べるようになっています。

単純承認

マイナスの財産を含めてすべての相続財産を引き継ぐこと。もし負債があっても、相続人が支払わなければなりません。

手続き

特にありません。何もしなければ自動的に単純承認になります。他の相続人と相談する必要もありません。

相続放棄

プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続しないこと。

手続き

家庭裁判所に相続放棄申述書を提出します。

相続開始(または相続開始を知った日)から3ヶ月以内に手続きをしないとマイナスの財産も相続することになるので、気をつけましょう。
他の相続人との相談は必要なく、個人でできます。

限定承認

負債がある場合、相続財産の中から返済する方法。

手続き

限定承認申述書と財産目録を家庭裁判所に提出します。

相続開始(または相続開始を知った日)から3ヶ月以内に手続きをします。
また、相続人全員の合意が必要です。

相続放棄すると同順位の人が相続することになります

相続放棄は他に相続人がいる場合でも、特に相談する必要はありません。

しかし、相続放棄することで、マイナスの財産(負債)は相続の権利を持つ同順位の人が引き継ぐことになります。(相続放棄した人の子どもは代襲相続はできません)

具体的な例で見てみましょう。

父親Aさんが2000万円の負債を残して死亡

相続人はAさんの妻Bさん、Aさん夫婦の長男Cさん、長女Dさんです。なお、Cさんには子どもがいますが、Cさんが健在なために法定相続人にはなっていません。
マイナスの相続の場合も、相続割合はプラスの財産と同じで配偶者が2分の1、子どもが2分の1になります。

負債もプラスの財産と同じ割合で分けられる

妻Bさん 1000万円の負債
長男Cさん 500万円の負債
長女Dさん 500万円の負債

上表の形で引き継ぐことになりますが、Cさんが相続放棄をすると、Cさんが相続すべき500万円の負債はDさんに上乗せされます。

相続の順位は配偶者が1番で、次に子ども

優先順位が高い妻のBさんに行くと思いがちですが、相続放棄した人と同じ順位の人にプラスされてしまいます。なお、Cさんの子どもが負債を代襲相続することはありません。

子どもが全員相続放棄したらどうなるか?

相続放棄には負債を引き継ぎたくないという場合だけではなく、「苦労した母に全財産を渡したい」という善意のケースもあります。

しかし、ここでも注意が必要です。例えば、次のような場合で見てみましょう。

安易に相続放棄してしまうと

父親Aさんが2000万円の財産(この場合はプラスの財産とします)を残して死亡

相続人はAさんの妻Bさん、長男Cさん、長女Dさんです。なお、Aさんにはすでに亡くなっている兄がいましたが、その子どものWさんが生きています。(Aさんから見れば甥に当たります。)

この場合も上記と同じで下表となりますが、CさんとDさんが相続放棄をしました。

妻Bさん 1000万円
長男Cさん 500万円
長女Dさん 500万円

つまり、「子どもが全員相続放棄をした」ということです。

法定相続人は妻のBさんだけになるかと言えば、そうではありません。

子どもの次に順位が高い兄弟が相続人になります

しかし、兄は死亡しているため、その子ども(甥)のWさんが兄の代襲相続をするため、下表のようになります。

妻Bさん 1000万円
甥Wさん 1000万円

相続放棄しても形見分けは受け取れます

相続放棄するとプラスの財産もマイナスの財産も受け取れませんが、形見分けや遺族年金、生命保険金などは受け取れます。また、限定承認は財産目録を提出する必要があるなど手続きが煩雑なため、現実にはあまり採用されていないようです。

遺産相続に強く評判の良い弁護士事務所を探す

遺産相続

相続問題で悩みを抱えていませんか

  • 相手がすでに弁護士に依頼している
  • 遺産分割の話し合いがまとまらない
  • 遺産を使い込まれているがどうすれば?